頭がはげる原因は何?AGAは遺伝だから仕方がない?

   

YUSEI845_syoudanget_TP_V

人の髪の毛は、頭皮内の毛根と頭皮の外にある毛幹に分かれます。そして頭皮の毛細血管を伝わって毛根にある毛乳頭に栄養が送られます。そこで細胞分裂を繰り返し、髪の毛は成長していきます。
髪の毛が成長するために毛乳頭まで栄養がしっかりと届けられることが大切ですが、食生活や生活習慣が乱れることで血流が悪くなったり、さらに過剰にホルモンが分泌されてしまったりすると毛乳頭まで栄養が届かなくなり髪の毛の成長が妨げられてはげてしまいます。

 

AGAには遺伝が関係する?

頭がはげることをAGA(男性型脱毛症)と言います。薄毛になる原因や脱毛が促進される原因は色々ありますが、AGAの最も大きな要因となるのは男性ホルモンであるテストステロンです。
テストステロンは5αリダクターゼという酵素でDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンへと変わります。
この変換したホルモンは、悪玉男性ホルモンへと変化して髪の毛が抜ける現象を促進させてしまいます。
AGAは遺伝を原因とすることが多いと言われていますが、脱毛を促進させる5αリダクターゼの量が遺伝で生まれつき多いと薄毛や脱毛が起きやすくなると考えられます。

 

ストレス過多が抜け毛を促進させる?

また、心理的なストレスが心身に悪影響を及ぼし、それが脱毛を促進させる可能性もあります。過剰なストレスは自律神経に緊張をもたらし、血管を収縮させて頭皮の血流を悪化させます。
それにより毛根に栄養が届かなくなるので、髪の毛が成長することを阻害する原因となると考えられます。髪の毛が育たないとヘアサイクルを乱し、髪が成長しないままの状態で抜け落ちてしまうことになります。

 

食生活の乱れが毛髪に影響する?

また、忙しさのあまりに外食やコンビニ弁当、インスタント食品メインの食生活を送っていないでしょうか?
カロリーが高く動物性の脂肪分が多い食品は血中のコレステロールを増やします。当然栄養も偏ることとなり、やはり血流を悪化させると同時に髪に必要なたんぱく質なども不足することになるでしょう。
他にも過度の飲酒や喫煙、運動不足といった生活習慣が乱れていることも髪の成長の妨げになります。
最近髪が薄くなってきたと感じる場合には、このような生活を送っていないかを確認してみましょう。

 

改善できるところの見直しを

髪が健康に成長するためにはしっかりと毛根にまで栄養が行き届くことが必要です。必要な栄養を摂っても、頭皮の血流が悪ければ意味がありません。
血管を収縮させたり詰まらせたりするような食生活や生活習慣は抜け毛を促進させますし、髪が育つために必要な栄養もしっかりと摂ることが必要です。
AGAは遺伝だからと諦めてしまわず、まずは生活習慣を見直すことで抜け毛を予防するようにしましょう。

 - AGA

  関連記事

  おすすめ記事