性行為の回数を気にしないとはげが進行する?

   

BON_yubiwosasu20150207154242_TP_V

性行為が薄毛や抜け毛の原因になるという俗説のようなものが話題になったことがあります。性欲が強い人ははげが多いと言われるのも、この俗説に由来するものかもしれません。
しかしあくまでも俗説として扱われているこの話題、実際のところはどうなのでしょう。

 

男性ホルモンの分泌が薄毛を進行させる?

薄毛や抜け毛の原因に、過度な男性ホルモンの分泌が関係しますが、性的なことを考えるとテストステロンという男性ホルモンが分泌されます。
そのため性行為により多く男性ホルモンが分泌されると薄毛になるという考えが俗説のように広がったと考えられますが、性行為と薄毛はそこまで因果関係があるとはいえません。

 

性行為による射精で髪の素を排出するから薄毛になる?

ただし髪の毛の素になるたんぱく質や亜鉛が精子に多く含まれるということも、性行為により新たな精子を作ることとなれば髪の毛の素を減少させると考えられなくもないでしょう。
そこにテストステロンが多く分泌されることがプラスされれば、性行為が薄毛や抜け毛の原因になると確かに性行為と薄毛は関係するようにも考えられます。
ただし男性ホルモンは性行為以外でも、興奮や女性との会話、妄想などでも分泌されます。骨や筋肉、体毛の増加といった作用もありますので、男性らしさを維持するためには分泌されることが好ましいと言えることも知っておきましょう。

 

亜鉛が髪の成長に必要な理由

亜鉛は髪の毛の成長を促すために必要なミネラルに一種です。髪の毛を構成するのはケラチンというたんぱく質なのですが、このたんぱく質を合成する時に亜鉛が使われます。そのため十分な量の亜鉛がなければ、たんぱく質が合成されず健康な髪は育たないということになるでしょう。
健康な髪を作るために亜鉛は大切ですが、普段の食事から摂りにくいという特徴があるだけに射精で体外に排出されてしまうのは髪にとってはもったいないとも言えます。

 

射精でどのくらいの亜鉛を消費する?

性欲が強く射精回数が多いと、亜鉛を消費する量も多くなると考えられます。一度の射精による亜鉛の消費量は1~3mgと言われていますので、それほどたくさん消費するわけではありません。
ただし射精回数が増えれば髪の毛に必要な素が体外に排出され、新たな精子を作るために使われてしまいますので確かに注意は必要かもしれません。

 

性行為ではげを進行させないためには亜鉛の補給が必要?

また、亜鉛は薄毛の原因であるジヒドロテストステロンの働きを抑制する効果もあります。そのため射精によってたびたび排出してしまうことは髪にとって好ましいとはいえないでしょう。
頭がはげても気にしないと性行為を頻繫に行っていると、知らない間に薄毛が進行するということもあるかもしれません。
そのため性欲が強い場合には亜鉛やたんぱく質をしっかり補給することも大切だと言えるでしょう。

 - AGA

  関連記事

  おすすめ記事