性欲が強い人はハゲ?男性ホルモンと薄毛は関係がある?

   

YUKA160218540I9A9461_TP_V
性欲が強い人にはハゲが多いという俗説がありますが、この理由は男性ホルモンの分泌が大きく関係します。性欲が強い男性は男性ホルモンの一種である「テストステロン」の分泌が多いと考えられます。
テストステロンは男性らしさを保つためのホルモンとも言われており、20代前半から後半までが分泌量のピークで30代を過ぎると段々と減少していきます。
10代や20代の若い頃は分泌が活発なので性欲も強いですが、30代を超えてある程度落ちついた年齢になると性欲も薄れてくるのはホルモンの分泌が関係していると考えられます。

 

男性ホルモンとハゲは関係がない?

ハゲは若い時期にもその兆候は見られますが、30代を超えてから強く症状としてあらわれてきます。そのように考えると男性ホルモンや性欲が減退していく年齢に差し掛かってからハゲが起きるというのは矛盾することになります。
以上のことから考えた場合には、性欲の強さとハゲは関係がないということが考えられます。では何がハゲに関係するかというと、射精で新たに生成される男性ホルモンの働きがハゲを引き起こすとは考えることができます。

 

射精回数が多いとジヒドロテストステロンが増加する

ハゲの原因には、男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」、そして男性ホルモンの働きを活性化させる酵素である「αリダクターゼ」が関係します。
ジヒドロテストステロンはテストステロンがαリダクターゼの働きで変換されたことで作られる物質です。髪に栄養を運ぶ毛乳頭の受容体と結合し、発毛を抑制する指令を送るたんぱく質を生成します。それによって毛母細胞は分裂をやめて髪は成長しきれず抜け落ちます。
射精した場合には精液に含まれる亜鉛を多く消費してしまうことになります。亜鉛はジヒドロテストステロンを作るαリダクターゼを抑制する作用がありますので、射精で亜鉛を消費することで体内の亜鉛が新たな精液生成に活用されてしまい、酵素の働きを抑制できなくなります。
それによってジヒドロテストステロンが分泌されやすくなると頭がハゲやすくなってしまいます。これらの流れで、性欲が強いとハゲやすいと言われているようです。

 

我慢しすぎでストレスが溜まるとハゲを引き起こすことに?

頻繁に射精を繰り返すとジヒドロテストステロンが分泌されやすくなります。このことで性欲が強い男性はハゲが多いと考えられているようです。
しかし男性にとって適度な射精は健康を維持するために必要です。性欲を我慢し過ぎることはストレスを増幅させて自律神経に影響を与えハゲを引き起こす可能性も否定できません。人生を楽しく過ごせることが一番だと言えるでしょう。

 - AGA

  関連記事

  おすすめ記事