禁煙すれば毛髪は健康に育つ?タバコと薄毛の関係とは?

   

a5964cd5ab906c9798e23c74341ef2d4_s

街や飲食店などでもタバコを吸うことができる場所も限定されるなど分煙が推進されており、価格も向上していることで喫煙者の人口はだんだんと減少傾向にあるようです。
しかし世間で禁煙が注目されていますが、長年タバコを吸い続けていることでなかなか禁煙できないという人も多いと思います。
これはタバコが体に害があることや疾患の原因になることは理解していても、タバコに含まれているニコチンの依存性によりタバコを吸いたいという気持ちを起こすことが原因です。
しかしこのニコチンはタバコへの依存性だけでなく、薄毛にも繋がる可能性があることをご存知でしょうか。

 

ニコチンはビタミンCを破壊する

タバコに含まれるニコチンは心身に様々な悪影響を及ぼしますが、ビタミンCを破壊することで抜け毛や薄毛を促進させる可能性があります。
ビタミンCの破壊は血行を正常に保つビタミンEの吸収率を低下させますので、血流が悪くなることで頭皮に十分な栄養が行き渡らなくなり薄毛を招く可能性が高くなるでしょう。
さらにニコチンには末梢血管を収縮する作用があるため、末梢への血流が低下することも頭皮に栄養が行き渡らなくなる理由に挙げられます。

 

タバコがストレスの原因に?

タバコを吸うとストレスが解消されると感じている人が多いかもしれませんが、実は反対にタバコを吸うことそのものがストレスに繋がる可能性があります。
人はビタミン不足になることで疲労感や倦怠感をおぼえるのですが、このような状況がストレスを生み、さらにタバコを吸う頻度を増やすことになると考えられます。タバコを吸えない状況になれば、ストレスがさらにこの悪循環を加速させるでしょう。
ストレスは育毛に大敵の1つであり、ストレスが慢性化すると自律神経を乱しさらに血行不良を悪化させてしまうことを理解しておく必要があります。

 

タバコは髪の生成に必要な栄養素を消費してしまう

そしてニコチンは中性脂肪の合成を促すことから悪玉コレステロールを増やす可能性があります。
血中に悪玉コレステロールが増えると、抑制しようとタウリンを生成しますが、生成にはメチオニンというアミノ酸の一種を消費することになります。
このメチオニンは髪の生成にも欠かすことができない栄養素なので、育毛の妨げになると言えるでしょう。

 

自力での禁煙は困難!そのような場合は…?

タバコは育毛環境を悪化させる可能性が高い嗜好品だと考えられます。しかしすぐに禁煙しようとしてもなかなかやめることができず、自力でやめたと思ってもまた復活してしまう人も多くいるようです。
しかし禁煙することで毛髪が育つことに対するダメージは軽減できるはずですので、自分だけで禁煙が難しいと思うなら専門医に相談してみましょう。
禁煙外来などで治療を受けることにより、喫煙だけでなく食事や睡眠不足、飲酒などの不摂生も改善していける可能性が高まります。

 - AGA

  関連記事

  おすすめ記事