禁煙と薄毛の関係性

   

DANDA170629d_TP_V

1.喫煙が髪に与える影響

喫煙というワードを聞くと、百害あって一利なしと感じている方は少なくないでしょう。実際、様々な公共施設などでは禁煙となっている場所が多く、喫煙者にとっては辛い世の中となっています。
また、喫煙が髪に与える影響は非常に多大です。まず、タバコを吸うことによって体内では活性酵素が生成されます。この活性酵素は、生存する為には必要なものではありますがあまりにも多いと体内の細胞が酸化していきます。酸化は人間にとってはプラスの要素となることはありません。
脂質も酸化することを考えれば、この要素だけでも薄毛が改善されることはないでしょう。また、増えた活性酵素はアミノ酸で解消することが可能ですが、髪の成長に必要な成分でもある為、薄毛を気にするのであれば禁煙した方が毛髪には効果的でしょう。
また、タバコにはニコチンが含まれていますが、ニコチンは有害性が高い上に血管を収縮させる効果もあり、頭髪には非常に悪意影響を与えています。また、血流そのものに影響力がある為、喫煙による害も含め、EDなどの症状にも悪影響を与えます。

 

2.禁煙と薄毛

結論から言えば、薄毛を改善する為に禁煙を行うことはとても効果的です。喫煙によって、受けていた害悪が全て取り除かれれることになります。血流の悪化、有害物質によるアミノ酸とビタミンの破壊など、髪の成長にとって大事な要素を禁煙によって取り戻すことになります。
また、これに合わせて薄毛を改善する為の治療を行っていけば、薄毛そのものが無くすことも夢ではありません。髪専門の医者もありますし、育毛剤や発毛剤も日本は非常に豊富です。
しかし、薄毛の原因となるものは、喫煙だけではなく、心身全てのストレスなども関わってくるため、自力で治療が困難な場合も少なくありません。
もちろん、抜け毛が酷いなどの状態であれば、薄くなる前から医師の指導の下、食生活の改善や心理的なケアなども行うことが可能である為、悩むような段階にきている場合は早急に医師に相談してください。

 

3.薄毛対策としての禁煙

禁煙のみで薄毛が治るとは限りませんが、薄毛を気にするのであれば禁煙を行うことはかなり効果的です。食事と同じか或いはそれ以上の効果が髪に反映されることになります。また、医師の診断は薄毛を患っている場合は必ず受けましょう。
自分一人では、原因までたどり着けず改善する前に諦めてしまう可能性の方が高くなってしまいます。その為、自分の状態に迷いかけた場合にはすぐに医師の診断を受けましょう。

 - AGA

  関連記事

  おすすめ記事