薄毛と年齢は関係あるのか?

   

OZP73_komattasensei20140321_TP_V

薄毛と聞くと気にしている方は少なくないでしょう。「最近、抜け毛が多い」「ストレスのせいか、心身ともに疲れている」などと感じている方はその後、薄毛となっていく可能性が非常に高いです。男性型脱毛症と呼ばれているものは、対策なしではどんどん進行していきます。
また、身体的な事柄が原因で薄毛が進行していくこともあり、薄毛を気にしていなくてもその原因となりえるものは常に対策を行っておく必要があります。もっとも、自分の意志のみで改善できる事柄ではないため、医師の診断も必要になりますが早めの対策が事態の深刻化を防ぐことにつながります。
今回は、薄毛の年齢について見ていきましょう。

 

1.薄毛とは

薄毛は、文字通りであれば、通常よりも髪がまばらな生え方をしている人の事を言います。また、男性型脱毛症と呼ばれており、一度発症してしまえば原因が改善されるまで進行し続けます。
また、薄毛の原因として挙げられるのは、ハゲと同じくストレスが最も大きな要因です。ストレスは血管収縮に加え、体内の代謝にも悪影響を与え、食べ物の吸収も場合によっては不可能になるほどの大きな弊害を身体に与えることになります。
最もストレスを自分から率先して受けている方はいません。人によっては、望んでもいないストレスを外部から与えられることもあるでしょう。そして、心身を病むことによってハゲや薄毛に効果的であり、改善の兆しになる運動や食事も難しくなるため、環境の変化に伴う自分の限界は早めに見極める必要があります。

 

2.薄毛と年齢の関係性

薄毛は、近年では若年層でも発症するようになってきており、年齢層は下がりつつあります。遺伝などによっても薄毛になりやすい体質などもありますが、実際に大きな影響を与えられるのはストレスなどの環境と自分の体調、生活習慣です。
髪の発毛サイクルから言えば、強すぎる男性ホルモンは髪にとってはマイナスの効果しかありません。また、タバコなどによっても毛髪はマイナスの効果を受け、血管が収縮するため、毛髪の育成を妨げます。
ちなみに、生活のサイクルそのものが定まってない場合も健康とともに毛髪に悪影響を与え、いずれは毛髪の影響だけでなく、栄養価の吸収すらまともに行えない事態にもなりかねません。
薄毛となる原因は、食生活に加え、仕事などの環境からも影響を受けます。そのため、薄毛となる兆候が表れ始めた段階で、習慣や環境など自分の置かれている状況を見つめなおすことから始めましょう。

 - AGA

  関連記事

  おすすめ記事