薄毛が進行する理由について

   

00_PP31_PP_TP_V

何歳になっても気になる髪の毛や頭皮ですが、近年薄毛に悩まされている方は増加傾向にあります。鏡の前で毎日髪の毛や頭皮が気がかりになってはいませんか。外出する際に頭皮が気になり楽しめない、と薄毛に悩む方多いでしょう。今以上に薄毛が進まないための方法や薄毛になる理由を見ていきましょう。

 

1.薄毛の進行とは

はじめに薄毛になる原因についてみていきます。薄毛になる原因は男女で違いがあります。男性は遺伝的な面が大きく、毛根の男性ホルモンが弱いことが原因で薄毛になっていきます。女性は加齢やストレス、パーマなどの過度な利用原因で薄毛になっていきます。薄毛が遺伝であっても負担が一定値を超えない限り発症しません。しかし、時代とともにストレス社会へと変わっている現代では、性別関係なくストレスが原因で心の病のみならず、薄毛に悩む人が増えています。
また、男女では薄毛の特徴に違いがあり、男性は額もしくは頭頂部から部分的に薄毛になり、そして抜け落ちます。しかし、女性は頭頂部から始まり、全体的に地肌が見えるほど髪の毛のボリュームが落ちます。女性は抜け落ちるのではなく、髪の毛の太さが細くなっていきます。

 

2.薄毛の進行を食い止める為には

薄毛の原因は、ストレスをはじめ、食生活・本人の体調、生活習慣など様々な要因が原因となりえます。また、薄毛は一度発症し進行してしまえば、自分自身で環境を行っても改善できるとは限りません。医師の診断のもと、正しい知識で改善していく必要があります。
また、薄毛の進行において、血液やホルモンのバランスは非常に重要になっていきます。薄毛の進行が始まっているということは、髪への栄養が足りず、容易に髪が抜けていくという状態になっており、血流や体内のビタミンなども総合的に足りない状態であると言えるでしょう。そのため、食生活におけるバランスや生活のサイクルなどで、調節していかなければ薄毛が改善されることはありません。

 

3.薄毛の進行と改善

薄毛は、髪の量的に長期間で徐々に進行していくものです。そのため、改善も長期的なスパンで見る必要があります。しかし、薄毛の進行に気づいても、個人の知識では対応できません。気付いた段階であれば、早急な対処も可能ですが、もはや見る限りにまばらであれば治療にかかる期間も長期化しやすいというデメリットがあります。
薄毛は、男女関係なく、発症までのキャパシティが個々で決まっています。そのため、近年では若年層の薄毛も増加傾向にあり、「まさか自分が・・・」と思った段階で対策を行っていきましょう。
 

 - AGA

  関連記事

  おすすめ記事