薄毛とタバコの関係性

   

S20170330155314_TP_V

薄毛と聞くと、ほとんどの方はあまり良いイメージを持たないでしょう。薄毛の状態であれば、いっそスキンヘッドのほうが、好感を持てるぐらいかもしれません。
では、薄毛の原因は何なのでしょうか。中高年では、身体的な老化や運動不足のため、身体から頭に対する栄養が行っていないことも考えられますが、薄毛は年々若年層でも増加してきています。また、その中でも今回はタバコが髪に与える影響について焦点を当てていきます。

 

1.薄毛の原因となるもの

薄毛の原因となりえるものは、実は1つではありません。薄毛を発症している方の生活環境・習慣、内外から受けるストレス、遺伝による体質など様々な原因があります。つまり、薄毛の発生原因は複合的なものであり、1つの要因の改善のみで薄毛がストップするわけではありません。
もちろん、健康的な食生活・適度な運動をしていても発症する場合もありますが、特に生活習慣の中でもタバコは髪に悪影響を与えます。髪は、抜けて生え変わるサイクルを何回も繰り返していますが、そのサイクルには血流と栄養が非常に大切であり、ちょっとした乱れがハゲや薄毛の原因となりえることがあります。
そのため、薄毛の傾向が見えてきた段階で医師の診断を受け、自分の環境を改善していくことが求められます。

 

2.薄毛とタバコとの関係性

結論から言えば、タバコと薄毛の関係性は非常に高く、タバコの与える影響によって薄毛を発症する可能性は低くありません。タバコの身体に与える悪影響は、血流の収縮・鈍化、男性ホルモンの分泌量の増加、様々な病気の発症率の倍加、一酸化炭素量の増加などが含まれます。
また、タバコによって体内のビタミンは大量に失われます。そのため、失われるビタミンを補わない限り、髪の毛は育つことさえできなくなっていきます。総じて、タバコを辞めることによって、毛髪に悪影響は確実に減少していくといえるでしょう。ちなみに、主流煙だけでなく副流煙も薄毛の原因になりえます。
しかし、原因だと思われるものでも医師の診察を受けない限り、劇的に改善することはありません。そして、一度発症してしまった場合には長い戦いとなるため、自分の環境そのものを見つめなおしていかなければ、薄毛はどんどん進行していきます。
タバコが薄毛の直接の原因となることは少ないですが、薄毛に悩む方は禁煙から始めてみると抜け毛や鴨野家の調子が変わることもあります。そのため、環境そのものを変えて薄毛を改善したいのであれば、禁煙から手をつけていきましょう。

 - AGA

  関連記事

  おすすめ記事