はげとなる要因は1つではない

   

a896e64378bf5cb2f21c1499dec3ae29_s

はげというワードで、いいイメージを抱く人はいないでしょう。また、なりたくてはげを発症している人はいません。これに関連して言えば、はげを発症する人と一生はげを経験することのない人、年齢とともに薄毛になっていくなど人など髪の状態は人によって異なります。
では、同じようなメカニズムで髪の毛は、発生しているにも関わらずはげとなる人とそうでない人に分かれるのでしょうか。
ここでは、はげとなる要因についてフォーカスしていきますので、はげに悩み方は参考にしてみてください。

1.はげは進行する

結果的にはげを発症している人もいますが、なりたくてはげになっている人は居ません。しかし、はげとなる前には必ず前兆となる症状があり、そこから進行して今の形に落ち着いているということになります。その為、「薄毛が目立つ」「髪に違和感がある」などの場合には、早めに医師の診断や専門的な医療機関に通うことをお勧めします。
また、はげは進行する症状であり、効果的な対策を行わない限り改善しません。その為、癌と同じように早めの対策が今後の未来を決めることになります。

2.はげとなる要因

はげとなる要因は、非常に多岐にわたります。食事のバランスの乱れ、睡眠時間の乱れ、ホルモンバランスの崩れ、ストレス、タバコなどの原因となるものが複合的に積み重なって発症します。食事に関して言えば、亜鉛やアミノ酸、ビタミンは体内では生成できず全て食事で補う必要があります。血流の改善なども食事から始めてみると良いでしょう。
ちなみに、最終的にはげとなる薄毛症は若年層でも増加しつつあり、髪のバランスが崩れる許容量を超えた段階で発症します。その為、老化などの身体機能の低下などがはげとなりえる要因とは限らないことを意識しておきましょう。
また、ホルモンバランスなども食事で整えることが可能ですが、精神的なストレスが原因ではげを発症している場合には精神的な治療から始めなければ根本的な改善にはなりません。はげの改善のためには、自分のはげの原因となりえるものを1つずつ改善していく必要があります。
はげとなる要因は、非常にたくさんあり、生活習慣やストレスなど心身すべてに原因があることもあります。その為、適切な対処を行いたいのであれば専門医や医師の診断に基づいて適切な治療や改善方法を行っていかなければ、改善することはありません。
例えば、育毛剤も根本となる頭皮の状態や血流が改善されていなければ、全く意味のないものとなってしまいます。その為、「もしかして・・・」と思った段階で、対策を行っていきましょう。

 - AGA

  関連記事

  おすすめ記事