はげの初期症状はいつの間にか始まっている?

   

eae26bfaea2697329a5b872d9fe05f7a_s

1.はげの要因

はげは男女関係なく、発症するものであり、それぞれの発症原因は非常に多岐に渡ります。最も過度のストレスのように、自分だけでなく環境によって与えられるものもあり、自分では改善が困難なものもあります。


ちなみに、ストレスに限って言えば、心身の病気の原因ともなりますし、EDや血流などにも悪影響が出る為、ストレスによって「何かおかしい」と感じた場合には医師の診断を受けましょう。
また、血流が悪化するとはげも進行していくため、若年層のはげも増加傾向にあります。さらに言えば、血管の年齢は食事によって変わってくるため、若年層でもはげないとは言い切れません。その為、若年層でもはげは起こりえますし、その症状は適切な対処をしなければ徐々に範囲を拡大していきます。
遺伝なども原因とされることがありますが、体内物質の影響が最も大きなものである為、髪のサイクルを守りつつ、必要な栄養素を補い、しっかりとした休息を行っていれば遺伝としてのはげの性質は表立つことはないでしょう。

 

2.初期症状と対策

はげの始まる箇所は人によって異なります。また、自分ではわからなくても他人から見れば明らかに異変があるレベルになっていくため、気づいた時にはかなり進行してしまっていることも少なくありません。
例えば、抜け毛の増加、髪質の変化などははげの前兆と言えるでしょう。髪のサイクルが阻害されている、血流が悪化しているなど理由は多岐にわたりますが、どれも根本的な改善を行わない限りはげが改善することはありません。
また、はげの対策としては、髪に必要なビタミンや亜鉛などの栄養素を含んだものを口にすることや適度な運動を行うことなどが挙げられます。特に、食事と運動は人体に多大な影響を与え、日々の積み重ねが未来を左右していくことになるでしょう。
ちなみに、ウォーキングはダイエットにも血流にも効果的であり、最も始めやすい運動の1つであり、効果は非常に高く運動不足の改善にも繋がります。

 

3.気づいたときから始めることが大切

はげや薄毛は、「もしかしたら・・・」と感じた場合には早急に医師の診断を受けることをお勧めします。原因が身体的なものなのか、精神的なものなのかはっきりしないかぎり根本的な解決は出来ません。
また、はげは放置すれば徐々に悪化していくものである為、自然と回復することもありません。適切な対応策を早めに知り、実践していくことでしかはげは改善できないということを忘れないでください。

 - AGA

  関連記事

  おすすめ記事