AGAと亜鉛の関係性

   

3c466de9f9c44a3554f2082361f25ff7_s

はげや薄毛と同じくAGAは、人々を悩ませる髪の症状です。AGA一度、発症すれば根本的な対策を行わない限り、時とともに症状が進行するものです。若年層でもAGAを発症するケースは近年では非常に多くなっており、年々増加しています。
多くの方が、悩む中で亜鉛が注目されています。しかし、亜鉛が注目される理由とAGAの関係性ははっきりと答えられる方は少ないでしょう。ここでは、AGAと亜鉛の関係性について見ていきます。

 

1.AGAとは何を指すのか

AGAは男性型薄毛症の事を指します。症状としては、頭頂部や前髪の生え際から髪が抜け落ち、減少し続けていきます。また、AGAは男性特有の症状だと思われがちですが、実は女性にも無関係ではありません。
女性の場合はFAGAと呼ばれており、こちらは男性と異なり、徐々に髪が細くなり頭皮が見え始めるなどの症状が現れます。
抜け毛だけで言えば、円形脱毛症も似たようなものですが根本的な発症原因が同一とは限らない為、髪質の変化や抜け毛が気になるようであれば早い段階で医師の診察を受けましょう。
早ければ、早いほど事態が悪化することを防ぐことが可能です。
AGAの原因にフォーカスしてみると、総合的に心身全ての乱れが髪に表れると考えてよいでしょう。ホルモンバランスの崩れ、食生活の偏り、慢性的な運動不足、過度のストレスなどAGAに繋がる要因は多岐にわたる為、治療法も原因がわからない限りは有効な対策をすることが出来ないことを忘れないでください。
もっともAGAを発症した場合には、違和感や前兆が必ず現れる為、自分の髪の変化に注意すれば、悪化から改善へと早期に対策することが可能です。

 

2.亜鉛とAGAの関係性

亜鉛は、亜鉛がもつ効果としてAGAの発生を抑える役割を果たすことが可能です。亜鉛そのものが体内においては、細胞の修復に役立つものであり、亜鉛不足が続くと亜鉛不足が原因で髪が抜けるという症状も起きます。しかし、亜鉛の取りすぎも非常に注意が必要であり、必要以上の亜鉛は体調に悪影響を与えます。
亜鉛が不足するというケースは、頻繁に起こりえますが、亜鉛不足だけが原因でAGAを発症することはありません。もちろん、頻繁に消費し続けるのであれば話は別ですが、亜鉛を人間の行為によって最も消費するのは性的なものである為、通常の生活では心配はいらないでしょう。
はげや薄毛、AGAへの対策として亜鉛の摂取は効果的です。逆に、摂取しなければそれが原因で髪への悪影響が現れ始めます。しかし、身体に良いとされているものであっても取りすぎは逆効果となる為、AGAへの対策は亜鉛のみに頼らないようにしましょう。

 - AGA

  関連記事

  おすすめ記事