薄毛の前兆として髪の毛に起こってしまう現象について

   

baebd68ac82d149dc773e8688329b6eb_s

薄毛に関しての前兆は、よほど注意していなければ、自分では気づきにくいものとされています。そのため、他の人に指摘されるまで気づかない場合があり、指摘される頃には、ある程度薄毛の症状が進行してしまっています。
では、薄毛の前兆と呼ばれる症状には何が含まれるのでしょうか。
薄毛の前兆を知ることで、薄毛に対しての対応を早期から始めることができ、医師への相談もしやすくなります。
今回は、薄毛の前兆として起きる現象についてみていきましょう。

 

1. 髪の毛に起こる前兆

結論から言えば、薄毛はいきなり発症することはありません。薄毛になる前には、髪の毛にいくつかの前兆が現れることを意識しておきましょう。例えば、毛髪量に関しては、髪を乾かしている時ドライヤーの風が頭皮に直接あたる、鏡に映る自分を見たら髪の雰囲気が違うなどの違和感がある場合は、毛髪量が減ってきている前兆です。
また、髪質には硬い、柔らかい、太い、細いといった要素があり、髪質自体は人が生まれつき持ったものであり、柔らかく細い、硬く太い髪質の方もいます。そして、髪質の違いはあったとしても細くなった場合にはかなりの注意が必要です。
髪質が硬く太い髪質の人が硬いけど細くなった場合や、柔らかく細い髪質の人が柔らかくさらに細くなってきた場合などは毛髪自体が弱くなっていることが考えられます。毛髪そのものが弱くなると、健康で丈夫な髪が育てられず、髪質が徐々に軟弱化していきます。

 

2. 頭皮に現れる前兆

薄毛の前兆は髪の毛ばかりでなく、頭皮にも前兆が現れます。頭皮は毛髪にとって、育毛環境の地盤となる重要な部分です。頭皮が固い状態であれば、頭皮の血行が滞り、薄毛がさらに進行することに繋がります。
頭皮が固くなる原因は、1つではありません。年齢による血管の老化、タバコ、血流の異常など多様なケースが考えられます。また、頭皮に関連して言えば、湿疹や発疹が出ている場合には薄毛に繋がる前兆であるだけでなく、毛髪環境に異常がでているサインです。  
湿疹や発疹が頭皮に現れる原因としては、パーマやヘアカラー、ヘアケア用品が主であり、頭皮に合わないものは湿疹や発疹、炎症が起こす可能性があることに注意しましょう。
薄毛の前兆には、髪の毛・頭皮に現れるものなど複合的な症状が現れるため、前兆としての症状を早めに知覚することが大切です。前兆を見過ごすことは薄毛の進行を放って置くことと同様である為、前兆が現れた場合には、医師に相談するなどして早期に対策を行いましょう。

 - AGA

  関連記事

  おすすめ記事