ハゲと優性遺伝に関係はあるのか

   

MAX87_guragurasuru20140531_TP_V4

ハゲというワードで、好ましい印象を抱く人は少ないでしょう。近年では、若年者でもハゲや薄毛症の患者が多くなっており、毛髪に関するトラブルは必ずしも30代や40代などの本格的な老化が始まる年代に限られた話ではなくなってきています。


また、人間の体質において、遺伝は相当な影響があるとされており、特に優性遺伝に至っては親の身体的な特徴が表れることも少なくありません。では、ハゲも優性遺伝によって親から子へ受け継がれてしまうのでしょうか。ここでは、ハゲと優性遺伝の関係性について焦点を当てていきましょう。

 

1.優性遺伝とハゲ

優性遺伝は一言でいうと、次世代に強く表れやすい遺伝子です。つまり、髪に至っても両親が、頭髪部に活性化している5αリアクターゼを保有している場合、その影響は子供も受け継ぎやすいという事になります。
5αリアクターゼはテストステロンと結びつくと、男性ホルモンの作用を何倍にも膨れ上がらせる効能があり、強すぎる男性ホルモンの影響によって髪の成長サイクルが乱れる為、結果として薄毛症やハゲを発症します。
つまり、遺伝のみによってハゲを発症する確率は決して低いものではなく、生活習慣や食生活などの環境次第で更にハゲが発症しやすくなると言えるでしょう。
ハゲの発生要因は、遺伝のみではなく、生活習慣そのものの影響も多大であり、ハゲの発生リスクを出る限り抑えたい場合には、心身に負荷の活かけない生を心掛けてください。

 

2.遺伝子はあくまで要素の1つ

5αリアクターゼの作用が強い頭皮は、優性遺伝として次世代に引き継がれやすくなっています。しかし、遺伝はあくまでも身体における指針の1つであり、全てを決定するものではありません。病気の発症などもそうですが、全ては自分の生活次第でハゲの発症リスクを極限まで減少させる事が可能です。
また、何が原因ではげてしまっても、早急な回復を望むのであれば、医師の助力は必要不可欠であり、自己判断での治療は、結果として更にハゲの進行を招く事もあります。ハゲや薄毛症は進行性の症状である為、間違った解決方法では決して改善しない事も忘れないでください。
また、体内の機能の低下によってハゲが起こる事が多いため、30代から40代のハゲの発症率が高いだけであり、ハゲの原因そのものは若年層であっても殆どの方に当てはまるものです。その為、もし、年齢に関わらず薄毛やハゲが気になる場合には、早急に医師の診断を仰ぎ、治療に取り組みましょう。

 - AGA

  関連記事

  おすすめ記事