ハゲは何歳から始まるのか

   

OZPA_maiine_TP_V4

1.ハゲは進行性の症状

ハゲという症状に対して、ほとんどの方は年齢による老化の部分が大きいと考える人は多いでしょう。確かに、年齢とともに髪が薄くなるという現象は存在します。しかし、ハゲは結論から言えば、性差も年齢も関係なく発症するものです。


また、ハゲは早ければ10代後半には発症し、その進行スピードは人によって異なってきます。ハゲは、症状にあった対策や改善策を講じない限り徐々に進行し、最終的にはサイドの髪のみが残念な形で残ってしまうという事になりかねません。実際、そこまで進行したハゲの治療は長期化する傾向にあり、実際に発毛のサイクルそのものが壊れているため、そのサイクルを作り直す事から始める必要があります。
つまり、ハゲは若い世代でもハゲを発症する条件を満たした段階で発症するものであり、それを日々の生活でどれだけ発症するリスクを抑えられるかという事が大切になります。
もっとも、リスクを減少させた上で遺伝が原因でのハゲや薄毛症の発症においての改善は、難しい一面もあり、的確な指示や適切な薬の処方がなければ改善する事はないでしょう。

 

2.ハゲへの対策として

ハゲは、血流の不全、血圧の異常、ホルモンバランスの乱れ、運動不足など不健康な生活習慣と社会の中で生きていく為に抱えるストレスなどによって発症します。また、単純に遺伝で発症する場合もあり、自分では対策しにくい場合も少なくありません。
ハゲへの発症のリスクを減少させるために必要になる事は、生活習慣の改善です。
しかし、最初から健康と呼べる生活を送っていてもハゲになる場合もあり、もしハゲを発症し一刻でも早く改善したい場合には、医師の指導のもと適切な食事・運動・生活習慣に改善していかなければ回復する事はありません。
簡単な改善方法として、食事や運動など自分の生活習慣の変化が億劫に感じる方はシャンプーや髪の洗い方などから変えていくと改善する場合も少なくありません。
もちろん、抜け毛や薄毛に効果的なシャンプーは限られている為、ただ漠然と毛髪にいいとされるものを使用しても効果は望めません。あくまでも、自分の体には何が足りなくてハゲを発症しているのか理解した上での使用が大前提にあります。
ハゲの改善方法は1つでは、ありません。しかし、発生原因には様々な理由がある為、症状に適した改善方法でなければ改善する事はありません。その為、ハゲとの疑いがある場合には必ず医師の診断を受けた上で改善する為の努力を行っていきましょう。

 - AGA

  関連記事

  おすすめ記事