ハゲの兆候はどこから始まるのか

   

cc0160170610_TP_V4

1. ハゲの始まり

俗に言われるハゲというワードで、多くの方は良いイメージを持つ方はいないでしょう。例えば、健康的で衛生的な生活を行っていても頭頂部の状態次第では悪いイメージしか残らない事も少なくありません。


結論から言えば、ハゲは、発生原因として生活習慣による影響も大きく、1度発症してしまえば、適した治療以外では効果が表れないという難しい症状です。その為、やみくもに髪に良いとされるものを試しても効果は薄く、長期間の治療が前提となります。
ハゲの始まりは、頭頂部の抜け毛や前髪の後退から始まる事が多いのですが、最初期では本人が気付かない事も少なくありません。頭皮の異常に関して言えば、酷いかゆみや大量のふけの発生なども頭皮で炎症が起きているという事が推測され、髪の発毛サイクルそのものが破壊されていると言っても過言ではないでしょう。その為、抜け落ちる髪の量を生え変わる髪の量で上回る事が出来なくなってしまいます。
ちなみに、ハゲの進行に本人が気付き始めるのは、大分進行した後である事も多く、他人から指摘されて初めて気付くケースもあります。つまり、ハゲの始まりは、血圧・血流・ストレスなどのハゲの発生要因となるマイナス要素が許容量に達した時点で静かに進行していくという事になります。
その為、ハゲのはじまりという意味では、多岐にわたる発症要因を満たした場合、頭頂部と前髪の生え際からハゲが発生するという流れになります。

 

2. ハゲが始まった場合の対処として

ハゲの始まりは、頭皮の異常から始まります。ハゲと薄毛症の進行の仕方は同一ではありませんが、発生条件は同一です。
もっとも髪や頭皮に関する異常から、はげや薄毛症が始まる事を考えると、食生活の変化や仕事の環境の変化など私生活に変化のあったタイミングで頭皮や髪質のチェックを行う事でハゲの発生にいち早く気付き対処することが可能となります。
また、ハゲの発生要因は身体的な異常のみでなく、薬剤の組み合わせなどでも起こり得ます。しかし、血流や血圧に関係する薬などは命に関わる場合もありますので、医師に相談の上、服用する薬剤を考慮しましょう。
そして、もし髪に違和感を覚えた場合には、ハゲや薄毛症など髪に関わるトラブルがすでに始まっている可能性が非常に高い為、医師の指示を早めに受けてください。その上で食事や運動など自分で出来る範囲から健康的なものへシフトする努力を重ねていく事がハゲの進行を遅らせ、改善していく事に繋がります。

 - AGA

  関連記事

  おすすめ記事