食生活とハゲの関係性

   

655a75a84f71c7f1bc1b0c3c04f5bf2f_s

1.ハゲの発生要因で考えられるもの

薄毛症、円形脱毛症、頭皮のトラブルなど髪に関するトラブルは例え罹患していなくても注目度の高い問題でしょう。まして、望んで髪のトラブルを引き起こしている人はおらず、場合によっては髪のトラブルのせいで大きなコンプレックスとなってしまっている場合もあります。


髪の大きなトラブルとしてハゲは万人の悩みです。性差も関係なく、発生の条件を満たした場合には全ての人に発生し、年齢も最近は若年者も増加傾向にあります。ハゲの発生条件は、過度のストレスや生活習慣による髪の発毛サイクルの乱れです。
つまり、運動や睡眠をしっかりとる規則生活、バランスの取れた食事内容などの要件を満たしていれば、髪のトラブルで悩む確率はほぼゼロに等しいと考えてよいでしょう。
もっとも、強力な抗がん剤などにおいては、脱毛が促進される事もあります。しかし、これはハゲの症状とは異なり、薬剤による副作用である為、薬剤の投与における脱毛はハゲとは異なる事を忘れないでください。
ちなみに、薬剤で言えば、抗うつ剤なども髪のサイクルを乱してしまうものもありますが、髪が気になっても医師の指示なしで勝手に薬剤の使用を止める事は絶対にしないでください。

 

2.食事とハゲの関連性

食事は髪の毛のサイクルにもっとも効果を及ぼしやすいものです。例えば、断食による無理なダイエットは身体・髪に必要な栄養素をごっそり削ることになり、薄毛を招くこともあります。
それに加えて、暴飲・暴食による体重の増加などは肥満に繋がり、髪の環境として肥満であるという事は、マイナス要素が大きく、皮脂の増加や血行不良などが原因のハゲが発症する事も少なくありません。
また、摂取する栄養素が体に影響を与える事を考えれば、外食が多すぎる事、油の取りすぎなども髪のトラブルを招くマイナスの要素の1つです。カロリーの高さに加え、添加物の多い食品などが多量に使われているものも少なくありません。
食事とハゲの発症の関連性は、非常に高いものとなります。食事の内容によって内臓や骨、見た目、体重全てに強い影響が現れる事に加え、食事が与える内容によっては命に関わる病気を発症する事もあります。血圧・血流の異常、脂質の増加、各内臓、ホルモンバランスへの悪影響など1つずつ挙げていてはきりがないほど、食事による悪影響は覆すことが難しいものです。
逆に言えば、食事そのものの内容によっては髪や体にプラスの影響を与える事が可能である為、ハゲの改善においては食事内容から見直す事から始めましょう。

 - AGA

  関連記事

  おすすめ記事