薄毛には予兆がある

   

e2444582c706488aab764cb9516118fb_s

 

1.薄毛の予兆と進行

薄毛やハゲは突然、始まるものではありません。徐々に進行していき、最終的に頭頂部から前髪の生え際などにかけての毛根が生成されなくなるというものです。


毛根が生成されなくなる原因は、過度のストレスや髪の成長サイクルの乱れ、血行の不良などであり健康的な生活を心掛けていても発症するケースも少なくありません。
薄毛やハゲの予兆としては、抜け毛が多すぎる事、髪質が変化する、頭皮に炎症があるなど比較的注意していれば気付きやすいサインと言えるでしょう。抜け毛については、健康な人でも1日に本数を数えられないほどの毛が抜け落ちていきます。しかし、それは髪のサイクルを全うしているだけであり、サイクル通りに抜け落ちていく髪は必ず再生するため、薄毛やハゲとなる事はありません。
つまり、急に目に見えて抜け毛が多いという場合は、髪のサイクルに異常があるという状態だと思っていいでしょう。
また、髪質の変化もわかりやすい予兆です。髪質が変化した上で、明らかに細い・柔らかくなったなどであれば、髪は健康な状態ではなく、いつ抜け落ちてもおかしくない状態にある事も少なくありません。
シャンプーなどの効果を抜きにして髪質が変わるという事は、頭皮の環境がマイナスの方向に変化したと考えた方がいいでしょう。

 

2.予兆を体感した場合の対処

髪に関する予兆は、気を付けていればすぐに気づく事の出来るものであり、対策という意味では、発見次第、早急に医師の診断と指示を仰ぎましょう。自分の推測での育毛剤やサプリメントでは効果は期待できません。
髪の異常は、身体全体の異常の表れである場合もあり、過度のストレスや乱れた食生活での油分や塩分の取りすぎの蓄積でハゲや薄毛は発症します。
つまり、ハゲや薄毛を生活習慣などが原因で発症した場合、食生活や日常生活において健康的にマイナスと言える事柄を蓄積している為、生活における食事や環境などを健康と呼べるものに変えていく努力が必要となります。
また、現代におけるハゲや薄毛は、中高年の問題だけではなく、若年者も急激に増加しつつあります。これは、食事の欧米化に加え、コミュニケーションツールの変化もあり、食事とストレス、日常生活のバランスが自分でコントロールしない限り制御しにくくなっている事と関連性があります。
その為、髪だけでなく健康は意識しなければ維持は不可能なものであり、失ってしまえば取り戻すまでに相当の労力を要する事を忘れない様にしましょう。

 - AGA

  関連記事

  おすすめ記事