アルコールは薄毛の原因となり得るのか

   

1930231be5bf464ea6484a63432e4107_s

1.薄毛の原因となり得るもの

薄毛というワードは、ハゲというワードと同等かそれ以上にマイナスのイメージが強いでしょう。誰もが望んでその状況になる訳ではなく、発症の条件が揃ってしまえば、いつのまにか発症している事もあり、どうしたらよいのか悩む方も少なくありません。
薄毛の原因となり得るものは、過度のストレスや乱れた食生活、血流の悪化など社会生活上で加わるストレスや生活習慣など多岐に渡ります。また、タバコやアルコールによる影響も決して弱くはなく、過度の喫煙やアルコールは髪に深刻なダメージを与える事を忘れないようにしましょう。
また、一度破壊された髪のサイクルを作り直すには、非常に時間がかかり、自分の症状に合わせた適切な治療を行わなければ、根本的な改善に至る事はありません。それこそ、骨折などのようにどの程度待てば治癒し、完治するのか全く分からない場合もあり、髪の復活は非常に個人差の激しいものです。
その為、髪に悪いとされる習慣を辞める事も必要とされる場合がある事を覚悟しておきましょう。

 

2.アルコールとの関連性

結論から言えば、アルコールが薄毛の直接の原因となるケースもあります。体内に入ったアルコールは、体内で分解される事になるのですが、その際に髪の生成に必要な物質をアルコールの分解に使用します。
つまり、過度のアルコールの摂取などがあった場合には、亜鉛などの髪の生成の根幹を成す物質が、アルコールの分解に使用される為、髪の生成に使われる栄養素が不足するという事態に陥ります。
また、アルコールの摂取によって、肝機能が弱まる事もあり、個人差はありますがそれが原因で様々な病気に罹患するケースも多いのが実情です。もし、肝機能が弱まれば、血行の悪化、ホルモンバランスの崩壊などに直結し、日常生活に多大なマイナスの影響を与える事になるため相当な注意が必要となる事を自覚しましょう。
ちなみに、アルコールのみでもこれほどの影響がありますが、タバコや食生活、ストレスなどが更に加われば薄毛を発症する確率は飛躍的に向上するため、対策としてもこれらのマイナス要素を1つずつ改善していく努力が必要です。
アルコールは薄毛の直接の原因となり得ます。しかし、場合によってはアルコールを摂取するケースもあるでしょう。その場合は、どの様な場面だとしても決して飲みすぎる事の内容に自分の行動をコントロールしてください。

 - AGA

  関連記事

  おすすめ記事