亜鉛が髪を丈夫にフサフサに?薄毛・抜け毛を改善するために

   

4a65541764cb26c7562ad3185e46a9bb_s髪の毛が生えてもすぐに抜けたり、細くてコシがなかったり、枝毛や切毛などは健康な髪であると言えません。

人が生きて行く上で欠かすことができない「必須ミネラル」である「亜鉛」は、髪が健康に育つためにとても重要な働きをしています。

髪に亜鉛がどうアプローチする?

亜鉛は髪が育つための細胞分裂を促進し、質の良い丈夫な髪の毛を育毛します。髪の毛を作るために亜鉛が活躍する場は次の2つです。

・髪の毛の素材を合成する
髪の毛の9割はケラチンというタンパク質で構成されています。亜鉛にはタンパク質の合成を行うという役割があるため、不足してしまうと髪の毛がうまく生成されなくなります。
亜鉛の不足は、髪の成長の妨げや抜け毛の増量、質の低下の原因となってしまいます。

・キューティクルを守る
そして髪の毛の表面には、キューティクルというタンパク質がうろこ状に重なり合っています。これにより紫外線や摩擦などの刺激から髪の毛を保護しています。ツヤのある髪はキューティクルがしっかり整っていることが条件になります。

キューティクルがはがれると、髪の内側のタンパク質や水分が流れ出し、パサパサとして痛んだ髪の毛になってしまいます。亜鉛はキューティクルを保護するために必要なコラーゲンを作る作用も担っています。

亜鉛の無駄な消費を防ぐためには

亜鉛不足は育毛の妨げになります。無駄に消費してしまわないように、次のようなことに注意しましょう。

・アルコールの過剰摂取
体内に過剰に摂取されたアルコールを分解するためには大量の亜鉛が使われます。

・喫煙習慣
タバコは体内に活性酸素を大量に発生させます。亜鉛は活性酸素を分解するために必要となる酵素を働かせる作用がありますので、タバコにより活性酸素が増えれば亜鉛を大量に消費することになります。

・過剰なストレス
ストレスは脳内で亜鉛を多く消費します。

・食生活の乱れ
加工食品に含まれている添加物が亜鉛の吸収の妨げとなります。また亜鉛は、カルシウム、食物繊維、カフェイン、タンニンなどと結合することで体外へ排出されやすくなるという性質もあります。

亜鉛と一緒に摂ると良いものは?

亜鉛の吸収率を高めるためには、ビタミンB2やB6などのビタミンB群、そしてビタミンCを一緒に摂るようにしましょう。また、ビタミンCには抗ストレスホルモンの分泌を促すという役割もあるため、亜鉛と同時に摂取することでより育毛に効果が期待できるでしょう。

亜鉛不足にならないために

毛根にはたくさんの亜鉛が存在しています。毛根の細胞分裂を活性化させて丈夫な髪の毛を育てるには亜鉛が不足しないことが条件となります。

薄毛や抜け毛に悩む男性は、もしかしたら亜鉛が不足していませんか?亜鉛を含む食品には牡蠣や豚レバー、パルメザンチーズなど食卓に頻繁に並びにくいものが多く、食材から十分な量を摂りいれるのは無理があります。

そのためサプリメントなど補助的に利用しながら、不足しないように栄養バランスの良い食事を心掛けることが必要になってきます。

 - AGA

  関連記事

  おすすめ記事