関内でAGAの発症に悩んでいるなら!亜鉛がAGAに働く理由

   

人の体内には男性ホルモンであるテストステロン、還元酵素である5αリダクターゼが存在していますが、これら2つが結合するとDHTという脱毛ホルモンを作ってしまいます。AGAを発症する人としない人は何が違うかというと、この5αリダクターゼの分泌量の違い、そしてDHTによる影響を受けやすい体質であるかどうかによって違います。

AGAは遺伝が関係する?

5αリダクターゼの分泌量やDHTの影響の受けやすさというものはどちらも遺伝により決まっているといわれています。遺伝であるのになぜある程度年を取ってからAGAを発症するのかというと、脱毛ホルモンと呼ばれるDHTのもとになるテストステロンは加齢に伴ってだんだんと減少していくことがまず1つの理由です。

5αリダクターゼがDHTを増やす理由

テストステロンが減少すれば、DHTの数も減少しますのでこのDHTから影響を受けることもなくなりAGAの発症率は低下するのでは?と思うかもしれません。しかしテストステロンの減少によって、今度は5αリダクターゼを活性化させてしまいます。5αリダクターゼは減少してしまったテストステロンを補おうとするため、次々とDHTを作りだしていってしまうのです。

AGAの発症を抑えるために

テストステロンの分泌を促す効果が期待できる成分として亜鉛があげられます。テストステロンを増やすのであればAGAが進行してしまうのではないかと思うかもしれませんが、5αリダクターゼの活性化を抑制することになります。テストステロンが十分な量確保できれば、5αリダクターゼはDHTでテストステロンの減少を補おうとはしなくなります。

そもそも亜鉛とはどんな成分?

亜鉛は人が生きていく上で必要になる必須ミネラルで、毛髪の生成、精子形成、ホルモン分泌、細胞分裂、免疫力向上、味覚の維持などに影響する成分です。男性更年期障害の予防としても、亜鉛を摂ることでテストステロンの減少を抑制できますので特に男性にとっては必須ミネラルだと言えます。

亜鉛を多く含む食品の代表は牡蠣

亜鉛を取りたいからと毎日牡蠣をたくさん食べるのは現実的な方法ではありません。そのため亜鉛が不足しそうな場合にはサプリメントなどを上手に取り入れるようにしましょう。

亜鉛を摂ってAGA発症の予防を!

亜鉛にはAGAの発症を予防する働きがあると言われていますが、これは亜鉛の働きによって体内に存在するテストステロンの量が確保できれば5αリダクターゼがDHTを作り出してしまうことはないからです。AGAは遺伝的に発症するものですが、加齢によって症状が現れてくるため毛髪に良いといわれる亜鉛などを日頃から意識して摂るようにすると良いでしょう。

 - AGA

  関連記事

  おすすめ記事