AGAの新薬「デュタステリド」の効果が得られる期間は?

   

AGA(男性ホルモン脱毛症)の発症により髪が薄くなってきた場合、ミノキシジルとフィナステリドによって治療することが一般的です。
最近ではフィナステリド以上に効果が期待できる新薬として「デュタステリド」が注目されています。

 

フィナステリドとデュタステリドの違い

フィナステリドとデュタステリドを比較する場合、5αリタクターゼとの関係を理解することで良くわかります。

・5αリタクターゼの種類
AGAは男性ホルモンであるテストステロンが5αリタクターゼという酵素と結びついてDHTとなります。このDHTこそがAGAを発症させる原因ですが、5αリタクターゼにはⅠ型とⅡ型という2種類が存在します。

・5αリタクターゼの種類別に見た存在場所
Ⅰ型は皮脂腺の中に存在するため様々な毛に影響します。もう一方のⅡ型は毛乳頭に存在し、しかも前頭部や頭頂部など限られた場所に存在しています。
頭髪だけで見た場合には、前頭部から頭頂部にかけての5αリダクターゼはⅠ型とⅡ型がどちらも存在し、側頭部と後頭部はⅠ型だけが存在します。
毛髪が無くなった男性でも側頭部と後頭部だけくっきりと毛髪が残ることからも、5αリダクターゼⅡ型がAGAに大きく関係していることがわかるでしょう。

・フィナステリドとデュタステリドの作用
フィナステリドは5αリダクターゼⅡ型だけに作用しますが、デュタステリドは5αリダクターゼⅠ型とⅡ型のどちらにも作用します。
AGAに影響が強いのはⅡ型と考えた場合、どちらを使っても良いように思うかもしれませんが、実際には効果に違いが出てきます。

・臨床結果によるデュタステリドの効果の高さ
米国皮膚科学会の臨床試験によると、デュタステリドを0.5mg含むザガーロ0.5mgと、フィナステリドを1mg含むプロペシア1mgと比べた場合には、ザガーロのほうが1.6
高い発毛効果だったという結果が出ているそうです。

 

デュタステリドは耐性が付きやすい?

耐性とは体が薬に慣れてしまうことで薬が効かなくなってしまうことです。デュタステリドは耐性が付きやすく、効果を得られる期間が短くなるとも言われています。
しかし耐性が現れる期間もまちまちで、中には5年や10年など長期間効果を維持している人もいますし、数年で効果があらわれなくなったという人もいます。
それが耐性によるものなのか、加齢によるものかなど証明することはできません。薬ですので耐性が付かないとは言い切れませんが、デュタステリドは耐性が付きやすいということは証明されていません。

 

AGAを改善させるために

髪の毛がだんだんと薄くなってくると、見た目などに自信がなくなることもあるでしょう。AGAに対する治療薬として、新しくデュタステリドが仲間に加わりました。
効果を維持できる期間などに不安もあるかもしれませんが、専門医などから意見を聞きながら自分に合う治療法を活用して改善していくようにしましょう。

 - AGA

  関連記事

  おすすめ記事