ディタステリドの発毛効果とは?フィナステリドよりも高い?

   

デュタステリドはプロペシアの主成分であるフィナステリドと同じく、男性型脱毛症(AGA)の発症要因となる男性ホルモンを抑制するという発毛効果の期待が持てる成分です。
臨床データによると脱毛を抑制する効果はフィナステリドより高いという結果もあり、AGA専門医や個人輸入での利用者による統計でも効果的な改善が多く示されています。

 

デュタステリドの主な働き

AGAを発症する要因である5αリダクターゼ還元酵素を阻害し、脱毛男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)という脱毛男性ホルモンを生成する働きを抑制します。
フィナステリドにも同じ作用がありますが、デュタステリドの場合にはフィナステリドが抑制することができないⅠ型5αリダクターゼの生成を抑える効果があります。

 

デュタステリドはフィナステリドよりも優秀?

そのためAGAを治療する力としては、フィナステリドの約1.5
、脱毛を抑制する効果があると言われています。
毛髪数と毛髪の太さにおいても、フィナステリドに勝る結果が研究により発表されています。
以上のことからデュタステリドは、フィナステリドへの感受性が良くない人や発毛効果を早く得たいという人に注目されています。

 

フィナステリドとデュタステリドの違い

AGAを改善させるには、発症に深く関係する5αリダクターゼを抑制することが必要です。5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型がありますが、毛根部分に存在しているのはⅡ型でAGAの要因として捉えられています。
しかしAGAを発症した場合にはⅠ型5αリダクターゼが作用しやすくなりますので、発毛効果を期待するならⅠ型をしっかりと抑制することが大切です。

・Ⅰ型抑制に効果を発揮
Ⅰ型5αリダクターゼを抑制するためには外用薬品で頭皮から治療していく必要がありますが、デュタステリドはⅠ型5αリダクターゼの生成を抑える効果があります。
内服タイプのデュタステリドなら血中に入り作用するためさらに抑制効果は高くなります。血中のDHT濃度を下げ、頭皮の皮脂は劇的に減少、さらに柔らかさを持ち始めたという報告が多くあがっているようです。

・薬効残存時間が高い
薬品成分が血液に溶け込む濃度が半分になるまでの時間を半減期と言います。フィナステリドの半減期間は6~8時間であるのに対し、デュタステリドはこの半減期間が非常に長いという特徴があり約2週間以上続きます。
デュタステリドは継続服用する上で、血中DHT抑制濃度を一定に保つことができるため安定した発毛効果をもたらすと考えられます。
そしてDHT抑制作用が高いため、服用する成分をフィナステリドより少なくすることができます。結果として副作用リスクを軽減できるというメリットもあります。

 - AGA

  関連記事

  おすすめ記事