抜け毛を減らすための予防法とは?薄毛になる原因は?

   

親が薄毛の場合には遺伝により子供も薄毛になると認識されていることが一般的ですが、遺伝だからと諦めず、薄毛になる根本原因について考えていき、抜け毛を少しでも減らすことができるように予防していきましょう。

 

一般的な男性の薄毛メカニズム

髪の毛が1日に抜ける本数は50~100本ほどでも正常と言われています。抜けては新しく生えるというサイクルを繰り返しているからです。
毛髪が生えてから2~6年くらいは成長期が続き、健康な髪へと太く長く伸び続けていきます。退行期を迎えると伸びていた髪の毛は成長を止め、毛根は退化して2週間ほどの退行期を終えた後に休止期に入り抜け落ちます。
休止期が3~4か月ほど続いた後には、再度新しい毛髪を生やして成長期を迎えるという繰り返しです。このような流れをヘアサイクルと呼んでいます。

 

薄毛の人はヘアサイクルが乱れている

薄毛になる人は、男性ホルモン、ストレス、生活習慣などが要因で、ヘアサイクルを乱し髪の毛が成長していない段階で退行期や休止期を迎えて抜け落ちてしまいます。
そうなると頭皮に残るのは産毛のような細い毛のみで、健康な黒い頭髪は失われてしまいます。

 

ヘアサイクルを乱す原因は?

ヘアサイクルを乱すものには次のような要因が考えられます。改善できる部分は気をつけて改善するようにし、少しでも抜け毛を予防できるようにしましょう。

・男性ホルモン
薄毛は年齢が高くなるにつれてだんだんと進行していく傾向が強くなりますが、女性ではなく男性に多く見られるのは男性ホルモンが薄毛を進行させる働きを持っているからです。
男性ホルモンの1つであるテストステロンが、5αリダクターゼという物質の作用によってジヒドロテストステロン(DHT)に変わってしまい、抜け毛を促進させてしまうことが原因です。

・遺伝
頭髪が男性ホルモンの影響を受けやすいかについては遺伝により決まっています。男性ホルモンの影響を受けやすい人は薄毛になりやすい傾向にありますが、遺伝だけで全てが決まるというわけではありません。

・ストレス
強いストレスを受けた場合にはホルモンバランスが男性ホルモン優位に傾きやすくなります。そうなると自律神経のうち交感神経が優位になり血流悪化が起こりやすくなって毛根の栄養状態を悪くさせてしまいます。

・生活習慣
食事から摂取した栄養素によって髪の毛も作られますが、ビタミンやミネラルなどが不足すれば毛髪は健康な状態ではなくなります。不規則な生活習慣は規則正しいものへと見直す必要があります。

 

ヘアサイクルを正常化させるために

抜け毛を減らして育毛をするためには、薄毛になる原因を取り除き、ヘアサイクルを正常化させることが必要になります。
そのためには抜け毛を減らすための栄養バランスのとれた食生活や規則正しい生活、ストレスを溜めない生活を意識するようにしましょう。

 - AGA

  関連記事

  おすすめ記事