髪の薄い人は注目!薬による治療でAGAによる薄毛は治る?

   

テレビや広告などで目にすることがある「AGA」。薄毛に悩む人ならご存知だと思いますが、AGAは「男性型脱毛症」のことで、成人男性に見られることが多い髪の毛が薄くなる状態を示します。
AGAの人は全国1,260万人で、思春期以降の男性に見られる症状です。20~69歳成人男性4,200万人の、約3人に1人がAGAで悩んでいると言われています。

 

AGAの特徴

AGAは額の生え際から後退していくタイプや、頭頂部から髪のボリュームを失い薄毛になっていくタイプ、この両方が混ざったタイプなど、薄毛の進み方にも違いがあります。
AGAの主な症状として、髪の毛が細くなり伸びなくなり、抜け毛が多くなるという症状が見られます。それによって地肌が透けて見え、頭皮に脂っぽさを感じることもあるでしょう。
抜け毛や薄毛はゆっくりと進行していきます。毛包の成長が十分でないことから、髪の毛が太さを保ち長くならないうちに抜けてしまいます。

 

AGAの原因

現代社会の多くの人たちが抱えるストレスがAGAの原因になっていることもあります。ストレスが自律神経やホルモンバランスを崩し、血管の収縮を招き血行を悪くして毛根に十分な栄養が運ばれず毛髪の成長を妨げている可能性があります。
また、AGAの原因として遺伝、他にも男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)が原因と考えられています。
実際にAGAの脱毛部分の頭皮には、高濃度のDHTが確認されていますので、DHTがヘアサイクルを乱し髪の成長期を終了させると考えられています。
十分に髪の毛が成長しなくなってしまうので、細く短い髪の毛が多くなることで薄毛が目立つようになってしまいます。

 

毛包が存在していれば毛髪は復活する?

髪が薄くなってきたという場合にはAGAに要注意ですが、AGAの特徴として薄毛になっても産毛は残るということが挙げられます。
そのため毛包が存在している状態ですので、医療機関で適切な治療を受けることによって髪の毛は太さを取り戻し長く育つ可能性があります。
太く長い毛髪の本数が増やすためにまずは適切な治療を受けるように医療機関で相談してみましょう。

 

医療機関で適切な治療を受けると同時に

抜け毛を予防して治療効果を高めるなら、頭皮だけでなく体の健康も必要です。良い薬を服用したとしても、薬の効能の妨げになる体調や健康状態では意味がありません。
栄養バランスの良い食生活を心がけ、ビタミンや亜鉛は髪の成長に必要だということも意識しましょう。
飲酒はアルコール分解のためにミネラルや亜鉛を消費してしまいます。喫煙も血管を収縮させることで頭皮の血流を悪くします。
ほどよい運動を行いしっかりと睡眠を取るようにしましょう。精神的や肉体的なストレスが髪の毛に負担になることを十分理解して生活することが大切です。

 - AGA

  関連記事

  おすすめ記事