抜け毛で悩んでいるなら禁煙することで効果が期待できる?

   

昔からタバコは百害あって一利なしと言われるものです。タバコを吸うと体内の活性酸素が増えますので体をサビつかせて老化を早めます。
さらには肺がんや心筋梗塞などとも関係があると指摘されていますので、健康のためには禁煙することが望ましいでしょう。

 

抜け毛とタバコも関係がある?

タバコを吸うと抜け毛を促進させるとも言われています。この直接的な理由として、タバコを吸うことでニコチンが動脈を収縮させて血流を悪化させることが挙げられます。
タバコの煙と一緒にニコチンが体内に吸い込まれることで、体内の毛細血管が収縮してしまいます。
当然血流が大きく関係する頭皮にも、悪い影響が及ぶでしょう。人の頭部にはたくさんの毛細血管が存在します。
この毛細血管を通る血液が、栄養や酸素を髪の毛の毛母細胞に運びます。毛母細胞に栄養や酸素が届かなければ、細胞分裂が繰り返されずに丈夫な髪の毛は作られません。

 

タバコを吸っていると栄養や酸素の供給が止まる

タバコを吸っている人の場合には、毛細血管の末端まで栄養がうまく運べないことで酸素が行き渡っていない可能性があります。
また、血流が悪くなると体温も低下してしまいますので、頭皮の体温も下がることになり抜け毛にとって好ましい環境とは言えなくなります。

 

タバコは男性ホルモンを増やす

そしてタバコを吸うと大量のビタミンCを消費してしまいます。肌や頭皮にビタミンCをたくさん送り込むことができず、髪の毛は栄養不足になってしまいます。
さらにタバコを吸うと10~30%男性ホルモンが増えることがハーバード大学の公衆衛生学部の調査でわかっています。
男性ホルモンであるテストステロンが増えてしまうと大変です。テストステロンは、薄毛の根本原因となる脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)に変換される可能性があります。
ジヒドロテストステロン(DHT)が過剰に存在すると、毛根は髪への栄養供給をストップしてしまいます。

 

抜け毛を阻止するにはまず禁煙!

ただしタバコを辞めることをあまりにストレスと感じてしまい、抜け毛を増やしてしまうケースもあるようです。
まずは始められる自分のペースで禁煙してみましょう。頭皮環境が整備されてくれば自然と抜け毛も改善されていくことが期待されます。
効果を少しずつ感じることができるようになれば、だんだんと禁煙することで健康を取り戻していけることが喜びに変わってくるかもしれません。
自分で禁煙が難しいという場合には、専門医に相談してみてはいかがでしょうか?無理なくストレスを溜めずに禁煙するためにも、どのような方法があるかを相談することで解決できる可能性があります。

 - AGA

  関連記事

  おすすめ記事