若年性EDの原因を知る

   

PAK85_xvidman20141123104413_TP_V4

 

1.若年性EDと原因

EDというとどうしても、30代後半から40代で発症する若者には関係のない症状だとイメージする人も少なくないでしょう。しかし、EDとなる原因に年齢は関係ありません。
もちろん、老化による身体機能の低下や血流の流れの鈍化によってEDとなる場合もありますが、老化のみでEDを発症するわけではありません。


EDの年齢に関して言えば、最近では若年性EDの患者が急激に増えつつあります。若年者でもっとも多いEDの原因とされているのは、過労や心労などのとても強いストレスです。
ストレスは日常生活を送る上では、なくてはならないものですが、過度のストレスは心身全てに悪影響を及ぼします。
例えば、ストレスはうつ病、胃潰瘍などの病気の原因となり得ますし、過度な精神的負荷が続く事で、精神だけでなく神経的な伝達物質のサイクルも徐々に狂っていきます。その為、EDの有無に関わらず、定期的なストレスチェックは必要であり、特に過度にストレスの強い環境にいる様な場合には、自分の心身を守る為の行動を取る事が大切となってきます。
また、性的体験によるトラウマや抗うつ薬の投与、乱れた食生活によるEDも年齢に関係なく発症する事を忘れないでください。

 

2.若年性EDへの対策として気をつけたいもの

若年性EDは比較的、発症してからの時期が長期化したものでない事も多く、適切な治療によって早急に治癒する事も珍しくありません。しかし、EDとなった場合、自己判断での血流をコントロールする薬剤の使用はしないでください。
医師の診断を受けてからでなければ、最悪の場合、命に係わる事態に発展する事もあり得ます。特に、血圧・血流に問題のある方、内臓疾患のある方、心臓が悪い方は、バイアグラ・レビトラ・シアリスの服用は医師の診断を受けた上で服用してください。
心因性のEDでもバイアグラなどの投与によって、徐々に回復傾向に向かう事も少なくありません。しかし、抗うつ薬などを服用している場合、使用量や使用そのものを制限される事も多いのが現状です。
確かに、軽度なEDであれば、即効性のある勃起補助薬は確かに魅力的に見えるでしょう。しかし、EDを発症した場合には、根本的な解決方法として原因と思われるもの全てについて治療が必要である為、早期の改善を望む場合は医師の強力なしでは不可能です。
そして、EDへの対策としてストレスの発散、日々の運動など、自分の取り組める範囲から改善していきましょう。

 - ED

  関連記事

  おすすめ記事