セックスレスでの離婚は慰謝料が発生する?

   

49ae47edc0e9e03008697dfd6b7f78c1_s

セックスレスは裁判上の離婚に該当する

ここ数年、離婚する原因がセックスレスであるという夫婦が増えつつあります。このセックスレスが原因で離婚する場合、慰謝料が発生するケースもあることをご存知でしょうか。夫婦の間に性交渉がない場合、民法第770条「裁判上の離婚」に該当する場合があります。

夫婦の一方に不貞な行為があった時、悪意で遺棄された時、生死が3年以上明らかでない時、強度の精神病にかかり回復の見込みがない時、婚姻を継続し難い重大な事由がある時のいずれかに該当する場
合には、離婚の訴えを提起することができると定められています。セックスレスはこの中の婚姻を継続し難い重大な事由がある時に該当します。

離婚理由にあげられる性格の不一致とは?

離婚の原因の中で一番多いのは性格の不一致という理由です。性格の不一致の中には性の不一致が隠れており、そしてその理由の多くには浮気が本気になったことが隠さている場合があります。さらに浮気の原因の1つにはセックスレスであること、性の不一致という理由が多く見られます。自分の願望や趣向を相手に告げることができず、外で知り合った異性で悦びを得てしまうことで夫婦の距離を遠ざける理由になってしまいます。簡単に離婚を決断するのではなく、後悔しないためにセックスレスの原因を解決することが望ましいでしょう。

セックスレスが理由の離婚で慰謝料が発生するケース

セックスレスを理由に離婚する場合、慰謝料請求に対して裁判所が支払いを命じるケースがあります。次のようなケースが該当します。

・新婚なのに性行為を求めない、もしくは拒む
・結婚前には性行為があったのに結婚してから求めない、もしくは拒む
・結婚後に性交渉が一度もない
・セックスレス期間が長期に渡る
・セックスレスに併せてDVやモラハラがある
・浮気が原因でセックスレスになっている

セックスレスの問題に、肉体的や精神的なダメージを与える暴力が加わることで調停や裁判ではそのことが問題になります。

慰謝料の相場は?

慰謝料請求が可能となるケースはそれぞれ状況によって違います。期間としては1年間以上セックスレスであること、金額は100万円が相場になり状況次第では数10万円~200万円と幅があります。

高額な慰謝料になるケースは、性交渉が可能でありながら行わなかった場合です。そしてセックスレスのきっかけになる原因が浮気や不倫である場合にも高額の慰謝料になると考えられます。例えばEDなど疾患が原因でできないという場合は慰謝料が発生することは考えにくいでしょう。

慰謝料の金額は結婚期間、相手の年齢、資産や年収、養育する子供の年齢や数などが考慮され、相手に肉体的、精神的なダメージを与えたかによって変わります。

 - ED

  関連記事

  おすすめ記事