EDの彼氏へはどう接すれば良い?

   

ae9d1b2a8d7234e96896122447137be4_s

どうしてダメ?それは男性が一番感じている

 

彼氏がEDであることが分かった場合、女性の対応でその後の性生活は大きく変化します。実際にどういった言葉をかけて接すれば良いのでしょう。男性は自我の強い人でも女性に癒しを少なからず求めています。しかもデリケートな性の問題は、なにげない一言で男性の心に大きな傷を付けることになってしまいます。

 

 

これだけはNG!女性からの言葉や接し方

 

彼氏がEDで上手く性交渉ができなかった場合、「また?」「なんで?不能なの?」といった問い詰めるような言葉の数々は男性にとっては強迫観念に近いものになります。自分でも自覚したくないことを相手に半ば強引にED認定されてしまえば、性交渉が苦手という意識付けをしているのと同じことになるでしょう。また、「この次がんばろう!」という励ましの言葉も実は危険です。女性側は応援するつもりでしょうが、男性にとっては強いプレッシャーやストレスになってしまいます。

 

彼がEDの時に女性に出来ること

 

彼氏を支えるアピールをしましょう。EDであることで深く傷ついている男性の心情は女性が想像するよりはるかに深いものです。男性としてのプライド、女性に対する申し訳なさなど色々な気持ちが交錯する中では、女性がうっかり発した一言がトラウマになる場合もあります。わざわざ女性にEDである事を指摘されなくても、十分男性自身が気が付いているので念を押す言葉をかけることはタブーです。その現状にさらに追い打ちをかけることになります。

 

性交渉が成立しなかった場合

 

満足な性行為ができず、例えば中折れしてしまって中断せざるをえなかった状況の時など、彼を責めるような言葉はやめましょう。女性にも膣が濡れないといった女性性機能障害という症状があります。男性のEDはこの女性の症状と同じく、パートナーの協力や理解が重要になります。性行為だけに捉われない一緒にいる時間や空間を楽しいものにするという気持ちが大切になります。

 

まず性行為をひとまず置いて、一緒にお風呂に入ったりスキンシップを楽しむといったことで愛情を深めることが良いでしょう。その中で男性が望むことに応えていくということも方法です。相手に合う対処法を見つけていくことが一番望ましい解決策になります。

 

男性のEDは年齢とともに深刻化する傾向にありますが、勢いだけの若かった世代と違って、年を取ったことで落ちついて対処できる心の余裕もあるでしょう。心が癒し満たされることで改善されることもあります。

 

問題になっている原因の解決を

 

EDの問題は誰しもが起こりうる問題です。これは年齢という問題だけでなく、日々のストレスなど色々な原因によって起こります。問題になっている原因は何かを一緒に解決していくことが良いでしょう。相手にプレッシャーをかけない、責めないということは大前提で相手に寄り添うような対処を行うことが必要です

 - ED

  関連記事

  おすすめ記事