精力剤として注目!ルテインの期待大の効果とは!?

   

f4b72ca9a3fa18877d7e78180f569bae_sカルテノイドの一種であるルテインは、抗酸化作用を持つ栄養素で人体の細胞が酸化することを防ぐ作用があります。

ルテインで期待できる効果は様々ですが、中でもED予防に効果を発揮するということで現在注目されて来ています。

ルテインのアンチエイジング効果

体内の細胞が酸化すれば人の体は老化が進みやすくなります。

しかし抗酸化作用により細胞の酸化に歯止めをかけるため、優れたアンチエイジング作用のある栄養素として男性にも女性にも注目されています。

目を守る成分として有名

ルテインは天然色素のカロテノイドの一つです。ほうれん草やケール、マリーゴールドなどに多く含まれている成分です。

人間の体内では、目の水晶体や黄斑部に多く存在しています。日光からの紫外線や、パソコンやスマホなどからの青色光が目へ与える影響の防御膜としてとても大切な役割をしています。

ルテインには強い抗酸化作用があるため、不足すると視力が低下したり目の疾患を引き起こすことになり兼ねません。

ルテインは年齢と共に減り続けるため、意識して摂取する必要があります。

ルテインの効果はEDにも!?

ルテインの抗酸化作用は、目の健康を維持する成分として注目されていますがそれだけではありません。実はED対策としても効果が期待できる成分です。

ルテインはカロテノイドの一種

EDの発症率を14%下げることが証明されている天然色素のフラボノイドと同様に、強い抗酸化作用があると言われているのがカロテノイドです。

カロテノイドも天然色素であり、自然界では約600種類あると言われています。カロテノイドを分類した場合、キサントフィル類の代表としてあげられるものがルテインです。

カルテノイドには優れた抗酸化作用の他に、酸化に弱い男性ホルモンや精液を守り増強する作用があります。

ルテイン摂取で期待できる作用

・眼の疾患に対する回復、予防
・アンチエイジング、美容作用
・動脈硬化予防
・精力向上、ED予防

ルテインの多く存在している部位は?

人の体内では、眼の水晶体、皮膚、器官、乳房や子宮頸部に多く存在しています。しかしルテインは人の体内で合成することができないため、外部から取り込む必要があります。

ルテインの摂取方法

目の健康成分として知られていることが多い成分ですが、現在は精力剤として注目されつつあります。

不足しないために食事から摂る場合の1日の目安摂取量は、例えばほうれん草なら60g、ケールなら30gです。

しかし毎日これらの食材から摂取するということはあまり現実的ではありませんので、不足しないためにはやはりサプリメントも補助的に併用すると効果的でしょう。

男性には精力向上に、女性には美容効果のある成分です。美と健康の追求のためにもお勧めできるアイテムと言えるでしょう。

 - ED

  関連記事

  おすすめ記事