関内で旦那さんのEDで不妊に悩んでいても夫婦で解決できる?

   

旦那さんがEDで子供を授かることを希望している場合、不妊治療を検討することもあるでしょう。ED治療薬を使って治療を行うのか、それでもだめなら人工授精を行うかと色々頭を悩ませることもあると思います。しかし男性の多くはEDを治療するために医療機関を訪れることに抵抗を感じる場合が多いようです。

旦那さんがEDでも妊娠を希望する場合

男性側がEDのケースで不妊治療を希望する場合には3つの選択肢があります。

ED治療薬を使用する方法

ED治療薬で有名なのはバイアグラです。バイアグラは勃起状態を維持しやすくなりますので、一時的にED状態を改善することが可能なので効果が期待できます。しかしインターネットなどを使って個人で入手できることもあって、わざわざ医療機関を受診しなくてもと考える人もいるようです。本来バイアグラなどのED治療薬は厚生労働省の承認を受けているため、医療機関で受診し処方を受けて服用する必要があります。インターネットでは偽物なども流出していますし、用法・容量を守らなければ危険だということを理解しておきましょう。

人工授精を行う方法

男性によってはEDの治療を行うことに抵抗がある場合もありますし、女性の年齢的な問題で改善されるまで待てないという場合もあるでしょう。その場合旦那さんがEDでも自慰で射精が可能であれば、人工授精も選択することができます。ただし人工授精の費用はすべて自己負担になりますので、一回の人工授精を行うと約5,000円~2万円の費用がかかります。さらに人工授精後、着床して妊娠に至るかどうかについては女性の体が妊娠しやすい状態であることも必要です。

精力剤で体質改善する方法

精力剤はサプリメントと似ていますが、体質改善を行うことでEDの症状が改善される場合があります。亜鉛やビタミン、アミノ酸など男性機能が向上するために良い成分が配合されていることが多いことや、治療薬ではないので副作用の心配がなく、手軽に活用できるということがメリットでもあります。しかし短期間で効果が実感できるわけではないため、根気強く最低でも1か月は継続して服用していくことが必要になるでしょう。

夫婦で話し合って納得する方法を

ED治療薬、人工授精、精力剤と方法は様々ですが、いずれの方法もメリットとデメリットはあります。妊娠を希望する際には夫婦で納得できる方法を選ぶようにしましょう。さらに生活習慣を改善していくことでEDの症状は少しずつ改善されることがあります。そのようなことも取り入れながら、一方的に治療を行うことを勧めていくのではなく、夫婦で良く話合ってお互いの意見や気持ちを汲みとりながら決定していくことが大切です。

 - ED

  関連記事

  おすすめ記事