関内でインポを改善したいなら!そのEDはタバコが原因?

   

日本人の死因の3分の2を占める、いわゆる三大疾病と言われているものはがん、心筋梗塞、脳卒中です。これらは生活習慣病が大きく関係しますが、喫煙に伴う障害、高血圧、糖尿病が及ぼす影響はかなり深刻です。さらに三大疾病の要因となる喫煙、高血圧、糖尿病はEDを発症させる三大要因でもあります。

喫煙とインポの関係

タバコにはニコチンが含まれていますが、このニコチンには血管を収縮させる強力な作用があります。陰茎は血管が豊富な場所で血液が十分に満たすことができて勃起という状態が保てるようになっています。しかしニコチンによって血管が収縮し血液が陰茎まで流入されなければ十分なかたさで勃起に至ることはなくなるでしょうし、症状が重くなると勃起自体がなくなってしまいます。

EDの人の8割は喫煙者

性行為が終わった後に、ドラマや映画では男性がベッドにもたれたままタバコをふかすシーンなどが演出として行われています。しかしEDの人にとっては決して望ましいシーンではありません。EDの人の80%以上は喫煙者というデータもあるほどインポと喫煙の関係は深く、さらには発がん性物質を含むタールが健康に害を及ぼすため禁煙を心がけていく必要があると言えるでしょう。

禁煙はED治療の最初の一歩

タバコは長く親しまれてきた嗜好品でもありますので、長い間継続して吸っているという場合にはなかなかやめることはできないかもしれません。しかしEDにとってタバコは害のあるものでしかないため、まず治療への最初の一歩として禁煙することが大切になります。

低タールのタバコに

中にはタバコに含まれるニコチンやタールがインポや健康に悪影響なのであれば、低タールのタバコなど含有量が少ないものに変更することを検討する人もいるかもしれません。しかし結局はタバコであることに変わりはありません。タバコをやめたからすぐにインポが改善されるというわけではないかもしれませんが、ED治療の効果を低下させてしまうことも考えられますのでED治療と同時に禁煙をすることはとても重要だと言えるでしょう。

豊かな性生活のために合理的選択を

インポは治療を行うことで改善できることが期待できます。特にED治療薬による効果への期待は高く、多くの人がその優れた効き目によって自信を取り戻すことができたり夫婦やカップルの仲が回復するといった効果を感じています。そのような高い効果が期待できるED治療薬があっても、その効き目を低下させてしまうタバコをそのまま続けていても意味がありません。ED治療薬の治療効果を高めるためにもまずは禁煙に踏み切る勇気を持ちましょう。EDが回復して性生活の豊かさを取り戻すのか、それでもタバコはやめられないのか、選ぶのは自分自身です。

 - ED

  関連記事

  おすすめ記事