ICI療法はEDの改善法として有効な治療法?

   

EDで悩む人が一番多く利用している治療法が、医師に処方されるバイアグラやレビトラなどを服用して治療するというED治療薬による治療です。

その効果も70~80%と非常に高い治療効果がある治療方法ですが、全ての人がこの治療法を活用してEDを改善できるというわけではありません、

例えば心臓病や高血圧症の人の場合にはED治療薬を服用すると副作用が出てしまう危険性が高いため服用することはできません。

そうなると疾患を患う人はEDの治療を諦めなくてはいけなくなってしまいますが、このような場合でもEDを画期的に治療する方法として現在ICI療法が注目されています。


ICI療法とは?


ICI療法は持病に影響を与えることなくEDを解消すること可能なED治療法です。慢性的な疾患を患う人が病気と上手く付き合いながら性生活も充実させることができますので、活力のある日々を送ることができるようになります。


ICI療法の治療方法


ICI療法は薬を注射器で海綿体に直接注入するという方法です。注入した薬が海綿体に留まることから全身の血液中に廻ることがありませんので副作用の心配がなく、さらにはピンポイントでその効果を発揮します。

針を刺すということで抵抗があるかもしれませんが、針の太さは髪の毛程度の極細の針を採用しているため痛みはほとんど感じません。

薬を注入してから5~10分程度で勃起状態となり、個人差はあるものの3時間程度はその状態をキープできます。


ICI療法の効果の実績


ICI療法は他のED治療法に比べて強力な効果を実現している治療法です。世界で10万人がこの治療を行い、なんと98%の人がその効果を得ることができています。


自分で注射をする必要がある?


初診の際には医師が指導も兼ねて注射をしますが、2回目からは自分で注射をすることになります。

陰茎に自らが針を刺すということにどうしても抵抗を感じるという人もいるかもしれません。しかし先にも述べたとおり、針は極細のもので刺す深度もほんのわずかです。注入する薬の量も2~3滴程度ですので、あまり心配することはないでしょう。


ICI療法の治療費は高額?


一般的なED治療薬であるバイアグラやレビトラによる治療と比較した場合、一般的には治療費が高めの傾向です。

医療機関によって金額は異なりますが、1回分の平均が約1万円前後で、性行為のたびにその金額がかかると考えると負担は大きくなります。

中には一般的な処方価格よりも安く提供している病院もありますので、まずはどのくらい治療にかかるかを相談してみると良いでしょう。

費用はかかっても自信を取り戻すことになりますいと思いますし、パートナーとの関係も良好に築けるきっかけとなるかもしれません。

 - ED

  関連記事

  おすすめ記事