自分で射精できてもED?EDはICI治療なら治る?

   

EDの定義は、性行為を満足に行うための勃起が得られない状態、もしくは維持できない状態であると定めています。

性行為を満足に行うために十分な勃起ということは、勃起するかどうかはEDの決め手にならないことになります。

マスターベーションで射精できたとしても、性行為で射精できない場合はEDの可能性がありますし、早漏なども相手が満足できていないという部分ではEDと考えるべきなのかもしれません。

満足な性行為に至らなければED

性行為の際に勃起までに時間がかかる場合、持続しない場合、途中で中折れする場合、どれもEDだと考えるべきでしょう。

また、勃起しないことがある場合や、勃起に不安を抱えている場合にもEDと考えられます。

共通するのは満足な性行為に至る勃起が得られていないとことで、EDかどうか見極めるポイントは勃起の有無や射精の有無ではないのです。

マスターベーションでOKならEDではない?

マスターベーションなら勃起や射精が正常だけれど、性行為だけうまくいかないという場合はどうでしょう。

マスターベーションが可能かどうかはEDの目安にはならず、やはり性行為でパートナーと満足できる行為がなければEDだといえるでしょう。

自分のペースで行うマスターベーションと違って、性行為は相手があることなので全く違うものと考えたほうが良いでしょう。

ED治療を検討するなら?

EDには様々な治療方法があります。最もポピュラーなものにはED治療薬がありますが、バイアグラやシアリス、レビトラなどはED治療薬を服用してEDを改善させる方法です。

ただし心臓病で運動制限を指示されている人や、重度の肝機能障害がある人など持病が関係してED治療薬を服用できないという場合もあります。

さらにED治療薬を服用してけれど、効果を感じられないという場合もあるでしょう。このような場合に検討したい治療法がICI治療です。

ICI治療とは?

ICI治療は専門医が薬剤調合をペン型注入器で海綿体に直接注入して行う治療法です。直接海綿体に注入することによって、血液中に薬が回らず体への負担が軽いため持病で別の薬を服用している人なども副作用なく治療を受けることができます。

その効果は注入して約5分という即効性の高さと、勃起の持続も約3時間というとても画期的な治療法だと言えるでしょう。

直接海綿体に注射するということは、陰茎部分に針を刺すのかと驚く人もいるかもしれませんが、実際に使用される針は髪の毛程度の太さなので痛みもほとんどありません。

また、勃起の持続は射精した後でも続きますので、持続力で悩む人や早漏の人でも高い効果が期待できるでしょう。

満足した性行為に至らない場合には…

マスターベーションで勃起や射精があるからEDではないと安心するのは早いかもしれません。EDの基準は満足な性行為ができているかですので、もし不安や不満な点がある場合には1度医師に相談してみるようにしましょう。

 - ED

  関連記事

  おすすめ記事