急増中の心因性EDとは?何が原因で発症する?

   

EDと聞くと中高年の男性だけの悩みとイメージする人もいるでしょうが、実は20~30代の現役世代の男性もEDの悩みを抱えているケースが多くなっています。
EDにも様々な種類がありますが、中でも「心因性ED」は一度なるとなかなか改善できないこともあるため、深刻化する前に改善させる必要があります。

EDの種類は大きく3つ

EDは大きく3つのタイプに分類することができます。
まず、40代以上の中高年に多く見られる「器質性ED
は、加齢や生活習慣病などが影響して血管や神経などが障害をきたすことで勃起を維持できないEDです。
また、「薬剤性ED」というタイプのEDは、糖尿病などの持病を持つ人が処方薬の影響で勃起しない状態です。
EDで悩む人の多くは器質性EDのケースがほとんどだと言われていますが、若い男性で急増しているEDに「心因性ED
があります。

心因性EDとは?

心因性EDは、仕事や人間関係、家庭関係など何かが理由で精神的に強いストレスがかかることにより勃起ができなくなる状態のEDです。
比較的若い世代に多くみられ、20代で発症するケースもあります。最近では子作りによるプレッシャーでEDになるケースも多く見られます。

心因性EDの種類

心因性EDには2種類あります。
日常での出来ごとが原因でEDを起こす「現実心因」は、ストレスやプレッシャーなどが引き金となりEDを発症します。
多忙な仕事や大きなプロジェクトへのプレッシャー、うまくいかない人間関係、子作りや不妊治療のために排卵日の性行為、自身の体に対するコンプレックス、妊娠への不安、過去に性行為で失敗したことなどでも要因となります。
他にも日常生活に心理的ストレスはないけれど、幼児期の性的なトラウマや体験が原因で心の深層にあることが原因となってEDを起こすことがあります。
このケースは「深層心因」と言われるタイプのEDで、自身が経験した性行為での嫌悪感などが要因となることが多く、本人に自覚がないというケースも少なくありません。そのためまずは原因を解明する必要があることから、治療が困難になることもあります。

心因性EDは改善できる?

心理的な要因は、自律神経を乱します。自律神経には、興奮や緊張感を生み出す交感神経、そしてリラックスさせる副交感神経がありますが、勃起しやすくなるためには副交感神経が優位に働くことが必要です。
そのため心因性EDの場合、原因にもよりますがカウンセリングや薬を服用することで簡単に治ることもあります。
ED治療薬には様々な種類のものがありますが、バイアグラのフィルムもあります。舌の上にのせてゆっくりと口の中で溶かすだけで服用できますので、水なしで飲めるためパートナーにも違和感を与えることがありません。
服用しやすいだけでなく、携帯しやすいという面でも便利ですので医師に相談してみると良いでしょう。

 - ED

  関連記事

  おすすめ記事