バイアグラの勃起効果は確か?効果があらわれない理由は?

   

バイアグラはアメリカの製薬会社ファイザーのED治療薬です。勃起不全が起こる理由は、勃起を抑制する酵素が勃起を促す体内物質を破壊してしまうことによります。
バイアグラはこの勃起を抑制する酵素の働きを阻止して陰茎周辺部の神経に作用して血管を拡張させます。

バイアグラの効果が薄いと感じるのはなぜ?

バイアグラには陰茎の血流量を増大させて勃起を促す効果があり、世界で最も愛用されているED治療薬と言われるほど信頼性が高い治療薬です。
そのバイアグラが効かない、効果が薄いと感じる場合には、まず服用方法を見直すようにしましょう。服用方法を正しくすれば絶大な効果を実感することができるでしょう。

バイアグラの服用は性行為の1時間前

バイアグラを服用して自覚症状があらわれるまでは約40分で、約1時間後にはピークを迎えます。ピーク後は少しずつ効果が低下し、3~4時間経てばピークの時の半分の効果におさまります。
このようなことから、バイアグラを服用するなら性行為の約1時間前には服用しておく必要があります。

服用は空腹時に

さらにバイアグラが効かない理由として、食後の服用であることがあげられます。バイアグラの有効成分が血液に吸収されることで効果を発揮します。
しかし食後に服用してしまうことにより、胃や腸壁に付着した食べ物の油膜が成分の吸収を阻害しますので空腹時や食前に服用することが大切です。
また、油分の多い食事を取っている場合には、ある程度時間が経過しなければ胃や腸壁に油膜が付着したままになっています。
バイアグラを効果的に服用するためには、できるだけ油っぽい食事を控えて、空腹時に服用するようにしましょう。

服用の際には水で

バイアグラは水分で溶けるため、服用の際には水で飲むようにしましょう。牛乳などは脂肪分が高いのでバイアグラの有効成分の吸収を阻害する可能性があります。
また、グレープフルーツジュースなどは血中濃度を高める可能性があるため控えてください。
お茶やアルコール、清涼飲料水でも身体的には問題はないでしょうが、より効果的に服用するならやはり水で飲むようにしましょう。

あくまでも補助薬であることの理解を

正しく服用するとバイアグラの有効成分を効率良く吸収し、効果を得ることができるでしょう。バイアグラの効果を最大限引き出したいのであれば、用法・用量を守ることが前提になります。
ただしバイアグラは勃起不全の治療薬で、性的校風作用や性欲増強作用などはありません。そのため服用しただけでは効果を得ることはできず、あくまでも服用後に地震が性的刺激にて興奮した場合にその効果を得ることができます。
薬の効きにも個人差がありますので、効果が得られないからといって服用用量を勝手に多くしてしまうことは危険です。気になることは、処方を受けた医療機関などで相談するようにしましょう。

 - ED

  関連記事

  おすすめ記事