Lカルニチンの効果とは?男性機能に効果があるって本当?

   

Lカルニチンはアミノ酸の一種ですが、その働きとしてエネルギー生産器官のミトコンドリアまで脂肪を運搬するという役割を担っています。
体内に蓄積された脂肪がエネルギーへ利用されるためにはとても重要な働きをしていますので、Lカルニチンを摂取することによって蓄積された脂肪燃焼を促し、脂肪がつきにくい体になっていくでしょう。


このためLカルニチンはダイエットなどで注目されることが多いのですが、実は脂肪を燃焼させるだけでなく、男性が気になる下半身の機能にも期待できるとして近年注目されています。

男性機能への効果はホンモノ?

脂肪燃焼の効果、さらには認知症の進行をゆっくりペースにしてくれることで知られることが多い成分がLカルニチンです。
そして研究により、男性ホルモンの一種テストステロンの代替効果が認められ、ED治療薬バイアグラの効果を高める働きが確認されています。
学術文献によって示唆されている科学的根拠のある成分として、男性機能の向上やED、不妊症などに今後注目されていくようになるとも考えられます。

カルニチンの効果のあらわれ方

2004年に平均年齢66歳の男性120人を対象に実施された実験では、1日4gのLカルニチンを摂取するという内容のものでした。
この結果、Lカルニチンを摂取した男性はテストステロン160mgを投与した人たちと同じような改善が見られたそうです。
また、男性ホルモンを投与した場合には前立腺の肥大が進行する副作用があらわれることもあったようですが、Lカルニチンを摂取した男性には副作用はそれらのなかったようです。

Lカルニチンを摂ればバイアグラの効果も倍増?

また、糖尿病を患う人でバイアグラを服用しても効果を得ることができない40人の男性を対象に行われた実験によると、毎日2gの Lカルニチンを摂取するとバイアグラの効果が高まることもわかっています。
さらに前立腺の手術で勃起不全になった男性に対する調査によれば、バイアグラの服用だけでは勃起効果が得られなかったのに、Lカルニチンを毎日摂取するとバイアグラ服用後勃起効果を得ることが可能になったとの報告もあります。

不妊症で悩む人にも効果が期待できる?

Lカルニチンをたくさん摂取すると、脂肪燃焼だけでなくミトコンドリアが活発化します。このことが卵子や精子の若返りに繋がり、妊娠しやすい体質になると考えられています。
摂取によって精子の運動率が高くなるという研究報告もあることから、精子の量や運動率に悩んでいる人はLカルニチンで改善する可能性もあるでしょう。男性だけでなく女性の卵子の質を向上させることにも期待できます。

食品で足りない分はサプリメントから

Lカルニチンは牛、豚、鶏、ラムなどの肉類、赤貝、あじ、鯛などの魚類、そしてアボカドなどにも多く含まれています。
日常の食品から摂ることが一番ですが、不足してしまう場合にはサプリメントを補助的に利用しましょう。
ダイエットにも男性機能にも効果が期待できますので、続けて摂取することで色々なメリットを感じることができるでしょう。

 - ED

  関連記事

  おすすめ記事