勃起力を改善させるにはテストステロンを増やすしかない?

   

勃起力が弱くなる理由の1つとして男性ホルモンの減少があげられます。男性ホルモンの一種であるテストステロンは、筋肉を増強させるホルモンであり、男らしい心理作用を起こすホルモンでもあります。性欲を向上や勃起力を強くすることにも関係します。

 

テストステロンはどこから分泌される?

テストステロンは一部が副腎で作られ、ほとんどは睾丸で作られています。テストステロンの分泌量は、20代をピークに低下していきます。
しかしテストステロンの分泌量が低下する理由は、一般的に考えられているほど加齢が原因とは言い切れません。

 

活力の衰えでテストステロンも減少する?

60代の男性のテストステロンの平均値を見た場合、加齢による要因の他にも定年を迎えるということも要因として考えられています。
これまで仕事をしていた暮らしから家の中で落ちつくようになるという、生活の変化で活力を失ったこともテストステロンの分泌低下に関係すると考えられます。

 

実年齢より行動が分泌量に影響する?

テストステロンの分泌量は70代の人でも30代の平均値という人もいれば、30代なのに70代の平均値くらいという人もいます。
実年齢よりも行動や思考力によって影響されることもあると考えられます。状況によって減少をし続ける悪循環にはまる可能性もあるでしょうし、反対に増えていく可能性もあります。

 

活力ある生活で勃起力の改善を

勃起力が弱くなってきたことで性行為が上手くいかないのではと心配になれば、さらに性行為から遠のく可能性があります。そうなればセックスレスとなり、パートナーとの関係が悪くなる可能性も出てきます。
まずは専門医に相談してみることが必要です。ED治療薬などを活用することも方法の1つとして検討してみましょう。
仕事や趣味活動、運動や性行為など、活力にある生活によってテストステロンは増加していくことが期待されます。

 

不安や緊張も勃起の邪魔になる?

勃起力が持続しない理由として、これまで性行為に失敗したことによるトラウマが要因となっていることもあるでしょう。
このような不安や緊張感は自律神経の交感神経を優勢にしますので勃起という状態の邪魔になります。
性行為の際には副交感神経が優勢な状態が必要です。リラックスして勃起できる状態を保つことが必要になります。

 

ED治療薬と安定剤の併用

様々な要因が勃起力を低下させている可能性がありますが、不安がある場合にはまずは専門医に相談してみましょう。バイアグラなどED治療薬の処方された場合にはまずは使ってみることです。
勃起力が維持できて自信を持てるようになれば、テストステロンの分泌量もだんだんと増えて自然と治療薬がなくても勃起を維持できるようになることも期待できます。

 - ED

  関連記事

  おすすめ記事