射精後の腹痛は鼠径ヘルニアが原因?

   

鼠径ヘルニアは一般的に「脱腸」と言われている症状で、日本人の100人に1人はあると言われている疾患です。しかも鼠径ヘルニアの85%は男性と言われており、体の仕組みから男性がなりやすい疾患であることがわかっています。

鼠径ヘルニアとは?

 太ももの付け根部分(鼠径部)に腹腔と外を結んでいる筒状の管(鼠径管)がありますが、男性の場合はこの鼠径管の中を精索が通っています。精子は精巣で作られて精索の中を通り腹腔内に入って尿道を経て射精されますが、精巣は腹部の背中側についていたものがだんだん下へ降りて袋をつくったものです。生まれると同時に腹腔内と外が閉じて鼠径管で結ばれる構造になっています。鼠径ヘルニアは腹膜や腸など、腹部にあるべきものが鼠径部の筋膜部分から出てくる状態を言います。女性は鼠径管の中に子宮円靱帯が通っていることから、構造上は鼠径ヘルニアになりにくいようです。

鼠径ヘルニアになると?

 男性の場合、小腸、大腸、脂肪組織の大網などが脱出して陰のうが膨れあがるという人もいます。もし脱出したとしても元の位置に戻れば生活の質は悪いかもしれませんが命に係ることはないでしょう。しかし脱出した内臓を締めつける嵌頓タイプの鼠径ヘルニアになった場合には、激痛だけでなく小腸が腐ることもあるようです。そうなると命にかかわるので手術をして治す必要があります。

鼠径ヘルニアの手術方法とは

 鼠径ヘルニアの手術には従来法の手術、腹腔鏡下手術、メッシュ法という3つの種類があります。従来法は腸管などの出てくる孔を寄せた筋肉で縫ってふさぐ方法で、術後に痛みが残ります。腹腔鏡下手術は腹部に小さな孔を3つあけて手術を行うという方法で、傷は浅くて済みますが手術時間が1時間かかります。主流なのはメッシュ法で、世界の鼠径ヘルニア手術の9割を占めており、日本でも85%はこのメッシュ法が実施されています。再発率も低く、手術時間も20分ほどなので全身麻酔でなく局所麻酔で行うことができます。また、手術創も3~4cmということで痛みが軽いという部分でメリットが大きい手術でしょう。

鼠径ヘルニアの手術

 鼠径ヘルニアの手術はメッシュ法が主流なので、本来であれば傷も浅く術後の痛みもそれほどないように思うでしょう。しかし鼠径ヘルニアの手術を行った経験がある場合、しばらくはセックスの時に足の付け根に異物が突き上げるような違和感や痛みがあるケースも。それでも無理をしてセックスを続けると痛みがひどくなる場合もありますので注意しましょう。他にも陰のうを触られただけでも痛みを感じたり、射精後に引きつるような痛みを感じたり腹痛を感じるという人もいます。

鼠径ヘルニアが影響する場合も

 射精後に腹痛など痛みがある場合には、鼠径ヘルニアなどの手術のあとではないでしょうか?体の構造上、手術後はセックスを控えたほうが良いでしょう。しばらく時間が経っても射精後などに痛みがあるという場合には、一度医療機関の担当医師などに相談してみるようにしましょう。

 - その他

  関連記事

  おすすめ記事