鼠径ヘルニアの手術後にセックスは可能?

   

鼠径ヘルニアは一般的に脱腸と呼ばれている疾患で、日本人の100人に1人の人が起こすと言われています。
さらに鼠径ヘルニアになる人の85%は男性で、体の構造上男性のほうがなりやすい疾患であることもわかっています。
鼠径ヘルニアの治療には手術が必要になりますが、手術をした後にセックスをしても大丈夫なのでしょうか。

 

鼠径ヘルニアとは?

太ももの付け根部分である鼠径部には、腹腔と外を結ぶ鼠径管という筒状の管があります。
セックスの時に男性はオーガズムに達すると射精します。鼠径管の中には精索という直径約1cmの索状構造が通っており、精巣で作られた精子が精索の中を通って腹腔内に入り、尿道を経て射精されるという仕組みになっています。
精巣は腹部の背中側についていたものが下へと降りて袋状になったものですが、生まれた時に腹腔内と外が閉じて鼠径管で結ばれる構造になっています。
鼠径ヘルニアは腹膜や腸といった腹部にあるものが鼠径部の筋膜部分から出てきてしまっている状態ですので、女性の場合には鼠径管の中に子宮円靱帯が通っていますので、構造上鼠径ヘルニアになりにくいと考えられます。

 

鼠径ヘルニアになると?

男性が鼠径ヘルニアになると、小腸、大腸、脂肪組織の大網などが脱することで陰のうが膨れるというケースもあります。脱しても正常な位置に戻るなら生活の質は悪くても生命に関わるということはありません。
脱した内臓を締めつけてしまう鼠径ヘルニアの場合は、激痛が起こるだけでなく小腸など腐らせてしまう可能性もあるので早急に治療する必要があります。

 

鼠径ヘルニアの手術方法とは

鼠径ヘルニアの手術方法には、従来法、腹腔鏡下手術、メッシュ法という3種類があります。
腸管など出てくる穴を筋肉で塞ぐ方法が従来法で、腹部に小さな孔を空けて手術を行う方法が腹腔鏡下手術、そして日本の85%、世界で9割を占めている手術法がメッシュ法です。
メッシュ法は、ポリプロピレン製の人工膜で筋膜の穴を塞ぐという方法ですが、手術の傷も浅く短時間の手術で終わるため、痛みも比較的軽いという傾向に落ち着くはずです。

 

鼠径ヘルニアの手術

しかし鼠径ヘルニアの手術を行った後、しばらくセックスの際に足の付け根に異物が突き上げる感覚の痛みを感じるケースがあるようです。
痛みを感じているのにも関わらずセックスを続けてしまうと、だんだんとその痛みがひどくなってしまう可能性もあります。
他にも陰のうに触れただけで痛みを感じる場合や、射精した後に引きつるような痛みがあるといった場合もあるようです。

 

鼠径ヘルニアが影響する場合も

鼠径ヘルニアの手術後のセックスで、何らかの痛みがある場合にはしばらく時間が経つまで控えることも必要です。
もしもある程度時間を置いたのにもかかわらず痛みが残るという場合には、医療機関の担当医師などに相談してみると良いでしょう。

 - その他

  関連記事

  おすすめ記事