サプリメントを常用すると特定の成分の過剰摂取になる?

   

1f055c8ef4d6c39fefd1c753c6a3be30_s

不足しがちな栄養の補給、健康維持、ダイエットの効率化など、様々な目的にサプリメントは活用されています。
一般的にはサプリメントのパッケージに1日に摂る目安量が記載されていますので、その量を守って摂っていれば問題はないでしょう。
ただし早く効果としてあらわれることを期待して、量や回数を多くして摂る人がいますが多く摂れば即効性が期待できるわけではありません。
特にサプリメントを常用しているという場合には、しっかり目安量を守って摂るようにしましょう。

 

海外と日本のサプリメントに対する意識の違い

海外ではサプリメントに関しての法律があるため、取締りも日本より厳しくなっています。しかし日本ではサプリメントに関しての法律がありませんので、品質や規格などはそれぞれ製造会社の判断にゆだねられています。
そのため記載されている目安量以上を自己判断で摂った場合、特定成分のみを過剰摂取することになってしまいます。

 

複数のサプリメントを常用している場合

また、記載されている量を守って摂っていても、複数のサプリメントを常用していれば同じ成分が含まれていた場合にはその成分を過剰摂取してしまう可能性もあります。
気づかないうちに特定の成分を摂りすぎてしまわないように何の成分が配合されているか確認するようにしましょう。

 

過剰摂取に注意したいのはミネラルやビタミンなど

ミネラルは過剰摂取しないように注意しましょう。特に鉄は注意が必要で、アメリカなどの製品には鉄抜きの商品も販売されていることが多いようです。
また、ビタミン剤等のサプリメントの場合、副作用として頭痛、めまい、下痢、便秘、不眠、食欲不振、発疹、痒み、脱毛、関節痛、口内炎などが見られることがあります。
一般的にこのような症状がある人がサプリメントで改善しようとすることが多いでしょうが、摂りすぎれば逆効果になる可能性があります。
ただし副作用は心配ないという研究結果も報告されていますし、反対に副作用があるという研究報告もされていて明確ではありません。

 

栄養素や成分の過剰と不足、どちらを選ぶ?

サプリメントは記載されている目安量を守れば特に問題ないとされているものの、副作用などの報告があると聞くと少し不安に感じる人もいるかもしれません。
しかし明確に否定される科学的根拠がなく、サプリメントを使用することによる弊害があるという報告の数百倍といった効果に対する論文が存在しているのは事実であることを認識しておきましょう。

 

サプリメントはあくまでも補助する食品

サプリメントを毎日摂ることが習慣になると、摂らないことに対する不安が大きくなることもあります。
エスカレートするとサプリメントがないと不安で仕方がないという依存症などになる可能性も否定できません。
サプリメントで得ることができる栄養素は限定されており、サプリメントだけで健康を維持できる栄養素全てを賄えるわけではありません。
あくまでもサプリメントは補助食品として考え、食べ物から基本的な栄養を摂ることを忘れないようにしましょう。

 - サプリ

  関連記事

  おすすめ記事