サプリメントは何を飲めば良いかわからない時の選び方とは?

   

MAX76_idouwoiiwatasareta20140531_TP_V

サプリメントの種類が色々ありすぎて、どれを選んで飲めば良いかわからないという場合や、区別の仕方がわからないという人もいると思います。
良質なサプリメントを見分けるために注意したい部分や摂取方法、デメリットになる飲み合わせなどを知っておくことで、目的や体調に合わせてサプリメントを選ぶことができるでしょう。

 

サプリメントから摂り入れたい栄養素は?

サプリメントを利用する目的は何でしょう。例えば食事だけでは不足してしまう栄養素を補給する目的の場合や、健康維持や美容のためという場合、肥満や特定の症状などを改善したいという場合など、人それぞれだと思います。何を目的にしてどの栄養素を補給したいのかを再度確認しましょう。
補給したい栄養素が決まれば、安全で品質の良いサプリメントを選ぶことを考えましょう。使用されている原材料や栄養成分、製造元情報などを確認すると良いでしょう。

 

原材料名の確認を

サプリメントに使用されている原材料は必須記載項目ですので、記載がないものは安全とは言えません。
含有量の多い順に記載されており、食品や植物などの名称があればそれらを原材料に作られているものだとわかります。もし栄養素の名称が記載されている場合には合成物である可能性が高いと考えられます。

 

栄養素の純度は?

原材料は含有量の多い順に記載されていますが、この順番を確認することも大切です。食品添加物の名称を真っ先に記載しているようなら要注意で、求めている栄養素のもとになる食品や植物の名称が先に記載されていることが望ましいでしょう。

 

持病によって注意したい原材料も

例えばソバ、カニ、エビ、卵など、食物アレルギーを持っている人の場合にはそれらが原材料として使用されていないかを確認する必要があります。
糖尿病の人は砂糖や果糖ブドウ糖液糖などに注意し、高血圧の人は食塩やナトリウムに注意しましょう。

 

添加物はできるだけ少ないものを選ぶこと

サプリメントには添加物が使用されていることがほとんどで、例えば錠剤には滑沢剤、光沢剤、増粘剤などが使用されています。ドリンクタイプのものであれば香料や着色料、果糖ブドウ糖液糖、保存料などが使用されていることが多いようです。
このような添加物は厚生労働省が使用許可を出しているものではありますが、長期間摂り続けても安全だという保障はありません。二次的な副作用やアレルギー症状を起こす可能性も否定できませんので、あまりに様々な種類の添加物が含まれているものは避けたほうが良いでしょう。

 

製造者や販売者は記載されている?

最後に、サプリメントのパッケージにサポートセンターやお客様相談室の番号が記載されているかを確認しましょう。
創造者や販売者などが明確に記載されていないものは何かあってもどこに問い合わせをすれば良いかわからず困ることになります。
また、医療機関で買うことができるサプリメントなら用法や用量の説明などをしっかりとしてもらえますので安心です。

 - サプリ

  関連記事

  おすすめ記事