はげとストレスは大いに関係がある

   

00_PP22_PP_TP_V

はげと聞くと、自分には全く関係のない事象だと思っている方も少なくありません。実際、何の対策もしなくても一生はげとは無縁の方も居るでしょう。しかし、近年では、薄毛は10代でも発症するものとなっており、はげも発症年齢が低下してきている現状があります。
そして、現代は大人も子供も関係なく、ある程度のストレスを強いられており、髪や精神衛生プラスなことばかりではありません。では、髪とストレスの因果関係はどこにあり、対策するにはどうしたらいいのでしょうか。
ここでは、髪とストレスの関係性について焦点を当てていきます

 

1.ストレスとは

ストレスと聞くと、イライラや緊張の原因となったり精神的な病の原因となったりなど多くの方はマイナスのイメージを持っているでしょう。実際、ストレスは、心身すべての病気の発症率を引き上げたり、血管の流れに作用し、緊張状態にしたりするなどマイナスの効果がとても多いものです。また、常にストレスを抱えるような状況では、人間の精神は持ちません。体よりも先に、精神的な病を発症するリスクのほうが高いでしょう。
もちろん、ストレスは外界からの刺激であるため、仕事などでは必要なものであり、ストレスがなければ仕事という概念そのものが成り立たなくなります。また、髪に関して言えば、肉体的なストレスよりも精神的なストレスから、はげを発症する確率は非常に高いと言えます。そのような場合は、医師の診察を受けストレスの緩和から始めてみるのも1つの方法です。

 

2.ストレスによって髪はどうなるのか

結論から言えば、髪のサイクルはストレスによってかなり阻害されます。例えば、仕事上でのストレス状態を家庭にまで持ち込んだ場合、身体と精神は常に緊張状態になり、交換神経が優位となり、リラックスなどとはほど遠い状態といえるでしょう。常に緊張状態であるということは、血管は常に収縮しており髪に必要な栄養素が行きわたらなくなります。
もちろん、仕事でのストレスを家庭にまだ持ち込みたい人はいないでしょう。しかし、人間の気分や精神の切り替えはうまくコントロールできるものではありません。そのため、自分なりのストレスの対処法を作っておくとかなり効果的です。実際に、軽い運動を行うだけである程度、ストレスは発散されますし、精神的なものであればだれかに話すことでもうまく発散することもできます。
また、あまりにもストレスの度合いがひどい場合には、職場環境そのものを変える勇気も必要になることがあります。自分のストレスの許容量を把握しつつ、髪の変化に気をつけていきましょう。

 - サプリ

  関連記事

  おすすめ記事