うつ病に働きかける!セントジョーンズワートの効果とは

   

6d1442e2b625ab191d8f277c20b4989c_s

世界で認められている医薬品と同レベルの効果

アメリカでメンタル面をサポートしてくれるサプリメントとして活用されている「セントジョーンズワート」。別名セイヨウオトギリソウとも呼ばれており、日本でも昔から鎮静や止血に使用されてきた植物です。アメリカではハッピーハーブやサンシャインハーブと呼ばれることもあります。

セントジョーンズワートの期待できる効果とは

医学的研究により、うつ病症状を改善する作用があり高い安全性が実証されています。実績と信頼を世界的に獲得している植物で、例えばハーブ先進国であるドイツなどヨーロッパなどの国々で治療薬として認可もされています。近年では日本でも、うつ病や不眠、更年期症状、月経前症候群などで利用する人が増えています。

・うつ症状
人間の脳にはセロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンなどの神経伝達物質が分泌されています。喜びや快楽を感じた時にはドーパミンが、不安や恐怖、驚きを感じた時にはノルアドレナリンが分泌されます。この2つのバランスを調整する物質がセロトニンです。

うつ病になる原因の1つとして考えられているセロトニンが減少することについて、セントジョーンズワートに含まれるヒペリシンとヒペルフォリンが作用します。ヒペリシンはセロトニンの分泌量を増やし、ヒペルフォリンがセロトニンの減少を抑えます。

・不眠症状
セロトニンから産生されるホルモンにメラトニンがありますが、睡眠導入作用があるため不足すると体内リズムを狂わせます。セントジョーンズワードのセロトニンの減少を抑える作用が安眠へと導きます。

・更年期症状や月経前症候群
更年期や月経前には特有のイライラやストレスを感じるなどの症状が出る場合があります。これはセロトニンの分泌が不足することにより起きると考えられていますが、セントジョーンズワードがセロトニンの量を調整することで沈んだ気持ちを回復させてくれます。

セントジョーンズワートはこんな方におすすめ

セントジョーンズワートには即効性はなく、最低でも2~3週間は継続して服用する必要があります。たくさんの臨床試験が実施されており、軽いうつ病から中等度のものまで効果が示されていますし、抗うつ効果の報告もされています。

現在パートナーとの不和などでうつ気味だと感じる場合や、気持ちをすっきり前向きに捉えたいという人には効果が得られる可能性があります。イライラしたりストレスを感じたままでいるよりも、気持ちが快方に向かえば様々な状況にも変化が訪れるようになるかもしれません。

また、サプリメントなどで服用する場合安全性の高さは実績があるものの、医薬品との併用には注意をしましょう。

 - サプリ

  関連記事

  おすすめ記事