医療機関対応の高濃度のサプリメント「ルテイン25」

   

bc11900ab49193025630a75de75ad8e7_sルテインは強い抗酸化作用を持ったカロテノイドの1つで、ブロッコリーやほうれん草、とうもろこし、かぼちゃなどの緑黄色野菜や、グレープフルーツ、キウイなどのフルーツにも含まれる栄養素です。

ルテインは目に良いと最近注目されていますが、他にも様々な効果が期待できる成分ですので食べ物だけでなく、サプリメントからも補ってあげましょう。

サプリメントを選ぶ時には何を基準にする?

ルテインのサプリメントは色々ありますが、ルテイン25は医療機関でしか販売が認められておらず、効率的にルテインを取り入れることができる高濃度サプリメントです。

サプリメントを選ぶ時にどのようなことを基準にすれば良いか、ルテイン25の特徴とあわせてご紹介します。

ルテインの含有量

健康な人の場合、ルテインの1日の摂取量は6~10mgと言われていますが、ルテインは摂取した量の全部が体内に吸収されるわけではありません。

特に目に疾患がある場合や気になる症状がある場合などは約2倍を目安に摂取するようにしたほうが良いようです。

ルテイン25ならしっかりと25mgのルテインを摂取できますので安心です。

一緒に含まれる有効成分

ルテインが十分に効果を発揮するためには他の成分の力を借りる必要があります。

相乗効果を図る場合には、ブルーベリーやカシスの中のアントシアニン、ゼアキサンチン、ビタミンEを一緒に取ると良いでしょう。

ルテイン25にはブルーベリー末とカシス末が含まれていますので、同時にこれらの成分を摂取することができます。

相乗効果が高いという成分を同時に摂ることができると、効率的ですし高い効果も期待できます。

・アントシアニンの働き

摂取したルテインは目に運ばれるまでに消えてしまうので全てが作用できるわけではありません。
そこでアントシアニンが血流に乗り血管の至る部分まで走ります。

・ゼアキサンチン
働きがルテインと似ているゼアキサンチンは、人の体内ではルテインと共存している成分です。

アメリカの研究で、ルテインとゼアキサンチンを一緒に摂るとサポート力が上がると報告があります。

・ビタミンE
血流を良くする作用があり、活性酸素を体内で防ぎます。

ルテインを摂るならルテイン25がオススメ!

ルテインの価格は様々ですが、天然のルテインよりは合成ルテインのほうが求めやすい価格であることは事実です。

合成ルテインは副作用という心配がありますし、安全性という面ではやはり天然のルテインのほうが安心でしょう。

継続して飲み続けるものなので、医療機関でのみ販売されるルテイン25は安全性も高いと言えます。

健康のために体に優しい安心して摂れるものを選ぶようにしましょう。

 - サプリ

  関連記事

  おすすめ記事