ICI治療は効果と即効性が期待できるED治療法

   

d8a0693392bdf23198b92846d4881aaf_sEDで悩む人の多くはバイアグラやレビトラといったED治療薬を試すことを検討したことがあるかもしれません。

それに比べるとあまり聞き慣れないED治療法に「ICI治療」というものがあります。

ICI治療のメリット

海綿体に勃起作用のある薬を直接注入するという方法がICI治療で、5~10分で効果が見られる即効性の高い治療方法です。

しかも実施した人の97%が効果を実感できているという効果が高いという部分でも注目されています。

ICI治療のデメリット

高い効果がある治療法ですが、デメリットもあります。

・自己注射型である

簡単な治療法ですが自分で自分の陰茎に注射するという「自己注射型」であることが一番のデメリットでしょう。

注射に使われる針は糖尿病治療に使用されるインシュリン注射と同様のペン型のものなので痛みはほとんど感じないとは言われています。

しかし自分の陰茎に注射するのはさすがに抵抗があり、慣れるまでは勇気が必要でしょう。

治療を受けるためにはクリニックで勃起度を計測する必要があり、注射指導も当然必要となります。

・注射するタイミングが難しい

ICI治療は性的刺激がなくても注射をすれば勃起するという治療法です。

性欲興奮をしなくて勃起する上に射精後も勃起が治まりませんので、注射をするタイミングにも注意する必要があります。

ICI治療にかかる費用は?

費用はクリニックによって違いがありますが、6千円~1万円くらいが注射1本にかかる費用の目安です。

バイアグラの場合は1錠1,300円程度なので費用的には負担が大きくなるでしょう。

しかしその効果はかなり高く、ICI治療を行う人の多くはバイアグラなどのED治療薬が服用できない状態の人や効果を感じることができなかった人がほとんどのようです。

ICI治療の診察の流れとは?

ICI治療を行うための診察の流れはクリニックによって違いはありますが、一般的な流れは次のとおりです。

・クリニックを受診
・問診票に記入
・診察(カウンセリングの所要時間約30分程度)
・ICI治療のためのテスト(薬剤に対する勃起状態の確認、注射指導のためのテスト)
・処方(テストに問題がなければ注射器と薬剤を処方)

ICI治療の対象者

クリニックによってICI治療の対象となる人に違いがあります。

50歳未満で心因性EDの人は薬液の調整が難しいことから治療対象から外している場合などもありますし、年齢による制限も若干違いがありますので受診するクリニックに確認するようにしましょう。

主なICI治療の対象となる人は次のような人です。

・高齢による性機能低下によるEDの人
・他のED治療で効果が得られなかった人
・疾患のためED治療薬を使えない人
・糖尿病などの疾患が原因でEDの人
・事故で脊髄を損傷したことでEDになった人
・直腸や泌尿器のがんで骨盤内手術後にEDになった人
・心因性の性機能障害でEDになった人
・海綿体治療の誤りによるEDの人

 - ED

  関連記事

  おすすめ記事