関内で朝立ちに不安がある人必見!朝立ちとEDの関係とは?

   

朝立ちは男性特有の現象で、健康度合いを確認するバロメーターとなるものです。そのため朝立ちがないことで勃起不全ではないかと心配する人もいるようですがそうとも限らないのです。

朝立ちとは?

朝起きた時点で勃起していることを朝立ちといいます。実は勃起は朝だけ起きているのではなく、睡眠中に何度も繰り返し起きている現象です。正式には夜間陰茎勃起現象と言われる生理現象です。人の睡眠は眠りの浅いレム睡眠と眠りの深いノンレム睡眠が一定周期で交互に繰り返されていますが、勃起は眠りの浅いレム睡眠のときに起こります。

朝立ちが若い人ほど多い理由

眠っている時に勃起が何度も繰り返されている中で、最後の勃起が起床時に持続していれば朝立ちした状態で目が覚めることになります。眠っている最中に勃起するタイミングは眠りの浅いレム睡眠の時ですので、レム睡眠の時間が長く回数が多い人ほど朝立ちが起こりやすいと言えるでしょう。レム睡眠の割合は、思春期の時は睡眠時間の3割強を占めていますので若い人ほど頻繁に起きやすい状態です。

加齢による朝立ちの現象は睡眠の質の変化

レム睡眠の時間は思春期をピークにしてレム睡眠の時間は少しずつ減少し、60~70歳代になれば睡眠時間の2割程度になるので朝立ちも減少する傾向にあります。このようにレム睡眠の時間が短縮されることで朝立ち回数が減少することもあるため、朝立ちしなくなったからEDになったとは言い切れません。

ただしEDが原因で朝立ちしないケースも

睡眠の質が変化することや睡眠障害などが起きているわけでもないのに朝立ち回数が減っている場合には器質性勃起不全の可能性も否定できません。器質性勃起不全は身体に何らかの障害や異常があることで起こる勃起不全です。例えば糖尿病や、糖尿病による性末梢神経障害、高血圧、高脂血症などで動脈硬化を起こしている場合や、更年期障害などで男性ホルモンの分泌量が低下している場合、外傷で陰茎に異常がある場合などです。

さらには心因性勃起障害の可能性も?

逆に朝立ちは見られるのにいざ性交渉を行う際に勃起しないケースや、途中で萎えてしまうというケースは心因性勃起障害を起こしている可能性があります。心因性勃起障害は心理的なことが影響して起こる勃起障害で、ストレスを抱えていたり緊張やトラウマなどが不安になって起こる場合があります。

朝立ちが最近減ったと感じたら

まずは睡眠の質に変化がなかったか、良く眠れているかなどを確認しましょう。思いあたることがないのに朝立ちが減ったという場合にはもしかしたらEDの予兆として現れている可能性もあります。ただしいずれの場合でも適切な治療を受ければ回復する可能性は十分にありますので、EDかもしれないと不安がある場合にはまずは相談してみることから始めましょう。

 - ED

  関連記事

  おすすめ記事